飯伏幸太と巡業生活「自分の景色が変わった」【新日本プロレス・2019年4月】

新日本プロレス・飯伏幸太選手の巡業への心境の変化をご紹介。

2019年4月20日、飯伏幸太選手は新日本プロレス入団の契約書にサイン。

■菅林直樹会長のコメント
先日の愛知県体育館のリング上で飯伏選手から発表があったんですけど、今日正式に発表したいと思います。4月20日、試合始まる前ですね。愛知県体育館の控室で飯伏選手と新日本プロレスで合意いたしましたので、契約書にサインをして頂きました。新日本プロレスの一員として、これからもがんばって頂きたいと思います」(引用:新日本プロレス公式サイト

そして新日本プロレス所属として迎えた最初の試合で、IWGPインターコンチネンタル王座の初防衛に成功。

試合後、シリーズ前半戦のみの出場予定だった飯伏幸太選手は、新日本プロレスに対してシリーズ全戦出場を要求しました。

関連:内藤「名古屋以降も参戦したほうがいいんじゃない?」、飯伏「全部入れて下さい」、ザックの再戦【新日本プロレス・2019.4.20・PART2】

団体行動が苦手なイメージが強い飯伏幸太選手ですが、今ではバスで全国を回る巡業生活を満喫しているようです。

いま塗り替えられてるんです、過去の記憶が。(09~’11年に)『スーパージュニア』に出た時も全部バス移動。いつからかバスが苦手とか、巡業嫌いのイメージついてたけど、それはなんなんだろうなって。どこかで冗談っぽく言ったかもしれないけど、それが浸透しちゃった感じですかね
(中略)
地方ではまだ(飯伏を)知ってるけど初めて見たって反応が多い。入場時、『ああ、これが飯伏幸太ね』って感じ。ボク自身は昨日今日で変わってる感じはないけど、自分の景色が変わったなって。もちろん全部いい意味で、いい刺激になってます」(引用:週刊プロレス No. 2009)

これからは新日本プロレスの一員である飯伏幸太選手を日本全国で見られることになりそうです。

また今週号では、IC王座挑戦に名乗りを上げた内藤哲也選手を次期挑戦者候補から排除宣言。

飯伏幸太選手のIC王座にかける情熱を是非誌面でお確かめください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA