内藤哲也「答えはもちろんノーだよ」、飯伏幸太「いつでも待ってます」【新日本プロレス・2019.4.24・PART2】

新日本プロレス・2019年4月24日・ロードトゥレスリングレスリングどんたく・後楽園ホール大会のバックステージコメントまとめ・PART2!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.4.24・ロードトゥレスリングどんたく【オープニングVTR】

内藤哲也

内藤「飯伏幸太はあまり他人のコメントをチェックしていないようだね?昨日の彼のコメント、俺に『インターコンチネンタル王座だけが欲しいのか聞いてみたい』って言ってたけど、答えはもちろんノーだよ。一昨日、ここ後楽園ホールで俺ちゃんとコメントしているよ?インターコンチネンタル王座とIWGPヘビー級王座を同時に保持すること諦めてないってね。彼が望んでない答えかもしれない。だからなんだよ。俺と対戦することをやめるとでも言い出すのかな?つい4日前だよ。愛知県体育館にお集まりくださったたくさんのお客様の前で『やりましょう』って言ってたよね?その言葉、もしかしてなかったことにでもしようとしているのかな?うん?まあ、こんだけ言ってもさ、結局、彼は今日の俺のコメントすらチェックしてくれないわけでしょ?伝わらないからさ。じゃあ誰か飯伏に伝えてきてよ。直接本人に伝えてあげてよ。内藤哲也はインターコンチネンタル王座だけが目的じゃないってことをね。頼むよ、誰か伝えておいてね

インターコンチネンタル王座とIWGPヘビー級王座を同時に獲りたいという目標を達成するため、内藤哲也選手はMSGで敗れた飯伏幸太選手にIWGPインターコンチネンタル王座戦のリマッチを要求。

そして飯伏幸太選手からのIC王座”だけ”が欲しいのかという問いかけにもちろんノーと回答。

IC王座だけが目的ではなく、あくまで新日本プロレス史上初のIWGPヘビー&IC王座の2冠王こそが目的であると主張しました。

飯伏幸太

飯伏「内藤さん、今、今、このベルトがほしいのは分かりましたよ。IWGPヘビーとインターコンチ、2つほしいから、このベルトがほしい。そういうことですよね。じゃあ先に、IWGPヘビー級のベルトを獲ってから、来てください。でも、僕はこのベルトをOKしたので、いつでも待ってます。いつでも、待ってます

一方の飯伏幸太選手は、内藤哲也選手のIWGPヘビーとインターコンチ、2つほしいという主張をしっかりと理解したうえで先にIWGPヘビー級のベルトを獲ってから来てくださいと提案。

IC王座だけではなく両方のベルトが欲しいなら、必ずしもIC王座が先である必要はない。

また内藤哲也選手とのタイトルマッチをなかったことにするつもりはなく、OKしたので先にIWGPヘビー級のベルトを獲って来るのを待ってますと付け加えました。

この提案の理由は、飯伏幸太選手のIC王者としての最終目標がこのベルトをみんなが思っている1番のベルト、IWGPヘビー級のベルトと並ぶ、もしくは超える位置に持って行くことだからだろう。

IC王座を1番のベルトに持っていきたい飯伏幸太選手にとって、史上初の目標を成し遂げるためだけにIC王座を必要としている内藤哲也選手は、現時点では挑戦者として魅力的に映らないのかもしれない。

それこそ先に内藤哲也選手がIWGPヘビー級王座を獲得して、IC王者である飯伏幸太選手が直接的にIWGPヘビー級王者を超える機会を手に入れるくらいでないと。

飯伏幸太選手から見て、内藤哲也選手よりもIC王座に対する想いが強くて魅力的な選手が現れれば、その選手と先にタイトルマッチを希望する可能性ありそうです。

二人のタイトルマッチが正式決定するまでに、この抗争に割って入る選手が現れるのか注目していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA