内藤「次の防衛戦の相手」、飯伏「焦り過ぎですよ」、オカダ「愛しています」【新日本プロレス・2019.3.20】

新日本プロレス・2019年3月20日・ニュージャパンカップ2019・ツインメッセ静岡(北館)大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.3.20・ニュージャパンカップ2019・九日目・準々決勝戦

内藤哲也

内藤「このIWGPインターコンチネンタル王座の今後の防衛ロードについて。次の防衛戦の相手は、『NEW JAPAN CUP』1回戦で対戦した飯伏幸太、もしくは、コメントでインターコンチネンタル王座の名前を出している海野翔太、いまのところ候補は、この2人かな?とはいえ、やはり第1コンテンダーは飯伏でしょう。『NEW JAPAN CUP』1回戦で、俺は彼に負けてるしね。俺は彼に聞きたいよ。このIWGPインターコンチネンタル王座を懸けて、俺と闘う意思があるのか、それともないのか?Si o No(Yes or No)?その答えを聞きたいッスね。別に強行指名する気はないから。彼にその意思がないのであれば、残念ながら彼とのタイトルマッチはなしかな。でも、彼がもし『Si』と言うのであれば……っていうことかな。まあまあ、とはいえ、今、『NEW JAPAN CUP』開催中ですから、1回戦敗退した俺が、ほかの話題をゴチャゴチャ出すのは、勝ち残ってる選手に失礼ですから。あまり大きい声では言えないけどね。飯伏の答えを、トランキーロ、焦らずに待ってますよ。アディオス

IWGPインターコンチネンタル王者・内藤哲也選手が次期挑戦者候補について言及。

一人目はトーナメント1回戦で敗れた飯伏幸太選手。

そして二人目は今シリーズ中に唯一内藤哲也選手の名前を挙げた海野翔太選手。

まずはナンバーワンコンテンダーである飯伏幸太選手に闘う意思があるのか、それともないのか?と問いかけました。

飯伏幸太

飯伏「なんですか?インターコンチ?
--内藤選手からだいぶ挑発されてる感じですけど……。
飯伏「やるかやらないか、どっちか?二択?今すぐ決めろ?トランキーロですね。焦り過ぎですよ、選択を。そんなに簡単に挑戦できるベルトなんですか、インターコンチは?ただ、ただ……やりたいッス。お願いします

次期挑戦者候補として名前を挙げられた飯伏幸太選手は焦り過ぎですよと挑発、そしてやりたいッス。お願いしますと挑戦表明!

G1スーパーカード(4月6日・MSG大会)でのタイトルマッチが決定的になりました。

オカダ・カズチカ

オカダ「オスプレイに、『まだJr.ヘビー級で頑張ってよ』って、『NEW JAPAN CUP』(が)始まる前に言ったけども、楽しみだね。早くヘビー級に来なさい。Jr.のまま来てもいいじゃない。素晴らしいチャンピオンだ。素晴らしいレスラーだ。やっぱりCHAOSのメンバーと闘って、素晴らしい闘いができてるとも思うし、次はまたCHAOS、石井さん。さすが『NEW JAPAN CUP』だね。ラクじゃないね。1回戦でも決勝(と同じ)だと思ってたものが、決勝レベルの闘いがずっと続いて行く。キツいけど、人を待たせるのがあまり好きじゃないからね。俺はニューヨークに待たせている人が、自分の中で勝手に思ってるだけかもしれないけど、人を待たせてるんでね。チャチャッとそちらに行きたいなと思います。ま、チャチャッと行けるようなトーナメントじゃないけども、優勝します

ウィル・オスプレイ選手との同門対決を制したオカダ・カズチカ選手。

オカダ・カズチカ選手を兄のように慕うウィル・オスプレイ選手をに感謝を述べました。

2015年からウィル・オスプレイ選手を知るオカダ・カズチカ選手から見ても本当に素晴らしいチャンピオンに成長しました。

今後もジュニアヘビー級として闘い続けるのか、それともヘビー級に転向するのかは本人次第ですが、やはりジュニアとして階級の垣根を越えて活躍する姿をもっと見てみたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA