内藤「彼とはまた近いうち」、飯伏「必ず優勝」、カバナ「過去にお前を倒している」【新日本プロレス・2019.3.11・PART1】

新日本プロレス・2019年3月11日・ニュージャパンカップ2019・高松市総合体育館(第1競技場)大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.3.11・ニュージャパンカップ2019・四日目・1回戦【第2試合まで無料】

内藤哲也

内藤「昨日の『NEW JAPAN CUP』1回戦、対飯伏幸太。復帰明けの選手に負けて、非常に悔しいですよ。だって、こういうトーナメントやリーグ戦っていうのは全員、優勝を目指してエントリーしてるわけだからね。負けて非常に悔しいですよ。でも飯伏には、俺からの勝利を無駄にしてほしくないッスね。彼とはまた近いうち、対戦する機会がきっとあるはず……いや、きっとあるでしょう。その日が、いまから待ち遠しいぜ、カブロン!

2年連続でトーナメント1回戦敗退となってしまった内藤哲也選手が、2回戦に駒を進めた飯伏幸太選手に俺からの勝利を無駄にしてほしくないとエール。

今年のNCJ2019優勝者にはG1スーパーカード(4月6日・MSG大会)でIWGPヘビー級王座への挑戦権が与えられるため、IWGPヘビー&インターコンチネンタル王座の2冠を狙う内藤哲也選手にとって、飯伏幸太選手が優勝してIWGPヘビー級王座を獲得する展開は好都合かもしれない。

もし飯伏幸太選手がこのまま優勝してIWGPヘビー級王座を獲得した場合、まずはIC王者・内藤哲也選手がNJC2019の敗戦の借りを返すためにIC王座のみをかけてタイトルマッチを要求。

そしてIC王座防衛後、このまま負けっぱなしでいいのかと挑発して、今度は飯伏幸太選手が保持するIWGPヘビー級王座もかけてダブルタイトルマッチを要求する流れを生み出す可能性があるからだ。

内藤哲也選手がどこまで先のことを考えているかは分かりませんが、二人が近いうちに対戦する機会が待ちきれない。

飯伏幸太

伏「はあ……昨日の、ちょっと、内藤戦の疲れとかダメージもあったんですけど、本間さんと組むのは今日、2人(だけ)で組むのは初めてなんで。まあ、楽しかったですね。ザック、次の対戦相手は、ザック。僕、2回負けてます。絶対に負けたくないというか、どんどん差が離れていく気がするんで。楽しみにしてます。ザックがその、スペック的に、僕の(考える)値(で)はパーフェクト。技術とかもパーフェクトだし、自分に持ってないものもたくさん持ってるし。あの体も絶対に、自分のテクニックのためだと思うし。絶対考えられている何かがザックにはあるはずなんで。それを解消しにいきます。そして優勝します、必ず。これはもう、(『NEW JAPAN CUP』に)出ると決まってからは優勝は、必ず優勝……。マディソン・スクウェア・ガーデンに……

一方の飯伏幸太選手は、内藤哲也選手との死闘から一夜明けてようやく次の対戦相手であるザック・セイバーJr選手について考える余裕ができた模様。

昨年のリベンジを果たして、4年ぶりのNJC優勝なるか注目!

コルト・カバナ

カバナ「(※自然と笑みがこぼれてしまう)Oh、Oh。カバナ流でいけば大丈夫だと思っていたけど、その通りだった。フリーとしてやってきて、より良いものをと歩んで来て、ニュージャパンにたどり着いた。ようやく、そのチケットを手に入れたんだ。そして迎えた(『NEW JAPAN CUP』)1回戦。見ての通り、マカベを1回戦で破った。ここで宣言するぞ。高らかに宣言する。この先、誰が相手でも倒していく。俺が1回戦を勝ち上がると、誰が思っていた?そしてヤノ。過去にシカゴでお前を倒している。その再現だ。2回戦でな。そうそう、マディソン・スクウェア・ガーデンへ行くぞ。現実のものになってきたぞ、現実のものにな。いやあ、興奮してきた……

真壁刀義選手を破ってトーナメント2回戦進出を決めたコルト・カバナ選手。

次の対戦相手は2年前にROHで名勝負を演じた矢野通選手。

矢野通選手とコルト・カバナ選手のトーナメント2回戦(3月17日)を迎える前の予習にご活用ください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA