KUSHIDAがROHで新技披露!ホバーボードの態勢から新しいパターン誕生!

2016年12月のアメリカ・ROH遠征で新技を試したと明かしていた新日本プロレスのKUSHIDA選手でしたが、今だけその新技の動画を見ることが出来るのでご紹介します!

スポンサーリンク

ROHで更新されているTV動画で、現在公開されているのが2016年最後のTV収録大会。

メインイベントはKUSHIDAvsウィル・オスプレイvsドラゴン・リーの3WAYマッチ(35:38~)。

試合結果はKUSHIDA選手がウィル・オスプレイ選手からフォール勝ち。

フィニッシュになった新技は、ホバーボードロックの態勢から腕ではなく首に手を回してのDDT、そのまま離さずに丸め込みではなく、立ち上がりフィッシャーマンズ・スープレックスの態勢に入ってのスモール・パッケージ・ドライバー。

技名はまだわかりませんが、ミッドナイト・エクスプレス、ムーンサルトプレス、ジャパニーズ・レッグロール・クラッチ・ホールド以外の3カウントが取れる新技が誕生!

この大きな武器を引っさげて、イッテンヨンのIWGPジュニアヘビー級王座戦で敗れた高橋ヒロム選手へのリベンジ、それからROHのベルト戦線に食い込んでいく日が本当に楽しみ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)