棚橋弘至「やっぱ勝ちたい」、ジェフ・コブ「ガチムチ!」、チャッキーT「さぁ笑って」【新日本プロレス・2018.12.3】

新日本プロレス・2018年12月3日・ワールドタッグリーグ2018・高知県民体育館大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2018.12.3・ワールドタッグリーグ2018・十三日目

スポンサーリンク

ジェフ・コブ

エルガン「俺たちは決勝戦とトーキョードームを見据えてる
コブ「(※エルガンも引き揚げた後にコメントスペースに戻って来て)オイ、どこだ?オイ?ン?(※ビデオカメラに向かって
ガチモチ?ガチムチ?それだ。ガチムチ!

やっぱりガチムチで間違いない模様。

チャッキーT

バレッタ「大事な試合だったのに……。気合入れていったんだけどな。もとヤル気を出してくれよ。まぁ、暴走しない程度にだけどな。2度も反則負けを喫してしまったしな。チャンスはあったけど
チャッキー「そういうなら、ちゃんと助けてくれよ
ベレッタ「なんだって
チャッキー「ダメージを受けたんだから、リングに駆け上がって来てくれないと
バレッタ「オイオイ、そんなこと……
チャッキー「さぁ、笑って(※と言い残して先に控室へ)
バレッタ「あきれたヤツだ……(※と漏らしてチャッキーのあとを追う)

前日2日に続いて、チャッキーT選手は不気味な雰囲気を出しつつひとりで控室に帰ってしまいした。

日ごとに不気味さが増していきますね…

奇行が続くチャッキーT選手ですが、来月12月のROH・ファイナルバトル(TV収録大会)にはベストフレンズとして出場予定。

このままベストフレンズが仲間割れする可能性は低いかな?

チャッキーT選手の真の狙いは何なのか、今後もその動向を見守りましょう。

棚橋弘至

棚橋「いま、インプットの欲が強まってて、昨日も夜遅くまで『M-1』見てたら寝坊して、バスに乗るのがTreinta minutos(トレインタ・ミニュトス)、30分遅れてしまったけど。さすがに、4連敗はやばいよね。焦ってきたよ。4連敗、Cuatro(クアトロ)連敗。ああ、そうなるとまた、いろいろ考えるけど、やっぱ勝ちたいよな。勝つことが運命づけられた合体でしょ、だって?

こちらも前日2日に続いて、オカダ・カズチカ選手と棚橋弘至選手の夢のタッグがまさかの4連敗…

なかなか結果が出ない理由は、二人のコミュニケーション不足。

力を発揮できないのは、ライバル関係による緊張が続いているからだ。棚橋は「だって試合前にコミュニケーションを取ってないですもん。なんとなく試合前に入場ゲートに集まっている」と“出たとこ勝負ここに極まれり”な内情を明かす。(引用:東スポweb

本隊とCHAOSというユニットの壁がある限り、移動中や普段の生活のなかでコミュニケーションを取り合うのは難しい。

棚橋弘至選手の狙い通りにオカダ・カズチカ選手が本隊に加入すれば話は早いが、本人にそのつもりはないのが現状。

今シリーズも残すところ4大会のみ。

試合直前にしか顔を合わせないオカダ・カズチカ選手と棚橋弘至選手が、リング外でも歩み寄るのか注目!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA