芦野祥太郎が王座防衛!丸藤正道にペガソ・頓所が食らいつく!木村花&朱崇花組始動!【週刊WRESTLE-1 TV】

今週の「週刊WRESTLE-1 TV #078は、2018年9月29日・プロレス LOVE in OSAKA ・大阪大会速報!

関連:レッスルワンタッグリーグ&9月29日・大阪大会特集!【週刊WRESTLE-1 TV】

スポンサーリンク

今週は如月さや(@saya_0415)さんがお届け!

まずは29日・大阪大会。

第7試合は、黒潮イケメン二郎選手の負傷欠場により返上されたリザルト王座決定戦。

タナカ岩石選手が岩石ロックで佐藤嗣崇選手を下し、自身初のシングル王座を獲得!

続いてセミファイナル、ノアの丸藤正道選手&カズ・ハヤシ選手組 vs ぺガソ・イルミナル選手&頓所隼選手組。

レッスルワンの若手二人組がノアの象徴を相手に要所で光るところを見せたが、最後は丸藤正道選手が虎王からの不知火できっちり締めくくりました。

試合後の丸藤正道選手のもし機会があったらシングルやってもいいなと思ったしという言葉を忘れずに、未来の頓所隼選手にはこの物語の続きをしっかちと見せてもらいたい。

そしてメインイベントはレッスルワンチャンピオンシップ、王者・芦野祥太郎選手 vs 征矢学選手。

徹底した足攻め、アンファンテリブルの介入に苦しんだ征矢学選手でしたが、王座返り咲きへの意地を見せる。

だが最後は芦野祥太郎選手がアンクルロックで勝利、初防衛に成功!

試合後に次期挑戦者として現れたのは、タッグリーグ公式戦で芦野祥太郎選手から丸め込みでピンフォールを奪ったぺガソ・イルミナル選手。

挑戦表明のマイクでは不慣れな部分を見せてしまったが、怪我人続出のレッスルワンで希望の光を見せてもらいたい。

最後はタッグチームとして始動した木村花選手&朱崇花選手組のPURE-J訪問。

木村花選手がプロレスで恩返ししたいと、コマンドボリショイ選手に10月24日・後楽園ホール大会出場を打診。

コマンドボリショイ選手も快く受諾、後楽園ホール大会での女子タッグマッチが決定。

レッスルワン女子タッグ王座設立という目標に向けて歩み始めた木村花選手の今後をお楽しみに!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA