渡辺高章「吉橋さんは、俺が浜口ジムの時から一緒に練習してて…」【2012.2.10】

新日本プロレス・振り返りNo.129

今回は2012年2月10日のEVIL選手

スポンサーリンク

シングルマッチ

× 渡辺高章vs〇 YOSHI-HASHI
スワントーンボム

2012年2月10日・NEVER 8 ・世界館大会の第2試合。

プロレスラーになる以前、アニマル浜口ジムで新日本プロレス入門を目指してともにトレーニングを積んだYOSHI-HASHI選手と渡辺高章選手が初シングル。

しかしヤングライオンの渡辺高章選手は歯が立たず完敗。

渡辺「吉橋さんは、俺が浜口ジムの時から一緒に練習してて、ずっとお世話になってて。あの人が新日本に来たから、俺も新日本で絶対闘いたいと思って、俺も頑張って新日本に入門して、やっとデビューできて、今日やっとシングルにこぎつけたんだけど、クソ!今は、あの時の吉橋さんじゃなくて。いつか俺が絶対倒して、お世話になってた頃の吉橋さんに戻してやるよ!」(引用:新日本プロレス公式サイト

渡辺高章選手、のちのEVIL選手がYOSHI-HASHI選手から初勝利を上げるのは、この試合から6年後の2018年のG1クライマックス。

このコメントを読んでから改めて試合を見直すと、なかなかに感慨深いものがあります。

関連:新日本プロレス 試合結果 2018.7.16・G1クライマックス28・三日目・Aブロック2戦目【第2試合まで無料】

まさに人に歴史あり。

現在の新日本プロレスでも浜口ジム出身者が活躍しているが、そろそろ新しい浜口ジムの血筋が欲しい。

小島聡
本間朋晃
内藤哲也
BUSHI
YOSHI-HASHI
EVIL

本城匠選手が続いていれば、浜口ジム繋がりでまた新しい物語が生まれる可能性もあったんですけどね。

いつかまた浜口ジム出身者が新日本プロレスの門を叩く日をお待ちしています。

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA