デイビーボーイ・スミス・ジュニア、扁桃腺手術を受け無事成功

プロレスリング・ノアから撤退し次の動向が注目を集めている鈴木軍ですが、その一員であるKESのデイビーボーイ・スミス・ジュニア選手が扁桃腺手術を受けて無事成功にしたそうなのでご紹介します!

手術

手術前のデイビーボーイ・スミス・ジュニア選手の様子がコチラ。

「手術の時間。成功を願う。さらば、扁桃腺!」

そして日本時間で本日早朝、手術が無事成功したと報告しました。

Surgery was a success 👍😷🔪
— Davey Boy Smith Jr. (@DBSmithjr)
2016年12月14日

今年2016年9月、デイビーボーイ・スミス・ジュニア選手が体調不良により欠場をしたことがありましたが、その時からすでに扁桃腺の問題に悩まされていたのでしょう。

ノアとの抗争に一区切り付いたこのタイミングが手術には最適だったのかもしれません。

一日も早い回復をお祈りしています。

ランス・アーチャー

その間パートナーであるランス・アーチャー選手もアメリカに帰国し、もちろん一人で活動中。

今週末のレスリング・サーカスではBULLET CLUBのハングマン・ペイジ選手とのシングルマッチが予定されています。

デイビーボーイ・スミス・ジュニア選手がいつ復帰するのわかりませんが、扁桃腺の術後の経過が悪ければまともな食事もとれないので、すぐの復帰は見込めない。

となるとランス・アーチャー選手はシングルプレイヤー、もしくは鈴木みのる選手のパートナーとして活動していくことになりそう。

私は来年の新日本プロレスイッテンヨン直後の 2017.1.5 後楽園ホール大会で、ノア 2014.1.10 後楽園の時のように鈴木軍が乱入するのではと予想していたのですが、そこにデイビーボーイ・スミス・ジュニア選手の姿がないかもしれないと思うと、残念でならない。

ノアの時限爆弾は不発だったが、逆に考えればまだ爆弾は残っている。

その爆発にいつどこで誰が巻き込まれるのかだろうか。

考えすぎると棚橋弘至選手が鈴木軍の時限爆弾だ!という妄想までしてしまいそうなので、鈴木選手が次のヒントをくれるまでおとなしくしておこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)