ザックのクリメイション・リリー、鈴木みのる「やることはただひとつ」、タマ・トンガ「ケニー・オメガとのゴタゴタを終わらせよう」【新日本プロレス・2018.8.4】

新日本プロレス・2018年8月4日・G1クライマックス28・大阪府立体育会館大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス 試合結果 2018.8.4・G1クライマックス28・十四日目・Bブロック7戦目【第2試合まで無料】

スポンサーリンク

鈴木みのる

鈴木「さっきよ、お前らマスコミに聞いたよ。どうやら、俺の決勝進出はねぇみてぇだな。ヘヘッ…。そうか…そうか…。じゃあ、あと俺がやることはただひとつだな……。こんな大会、こんな“お祭り騒ぎ”、ブチ壊してやる。どけ!!(と叫び報道陣を押しのけて立ち去る)

現時点で鈴木みのる選手は、公式戦残り2試合でAブロック単独首位の棚橋弘至選手と得点差4。

さらに棚橋弘至選手に直接対決で敗れているため、余程の事態にならない限り、優勝決定戦進出は厳しい状況。

残り5大会のG1クライマックス28で、鈴木みのる選手がこんな“お祭り騒ぎ”、ブチ壊すために、どんな行動に出るのか注目。

タマ・トンガ

まあ、いい。俺たちは別の道を行く。こんな運に恵まれない『G1』なんかにとらわれない道を行く。わかるか?俺たちはファイブスター(5つ星=最高級)だ。ケニー・オメガとのゴタゴタを終わらせよう。そこで俺はシックススターになる。で、どんな試合形式がいい?なんでもいいぞ。恐れてるのか?G.O.Dのルールでどうだ?

バレットクラブOGの乱入により、公式戦が不完全燃焼で終わったケニー・オメガ選手に対して、タマ・トンガ選手から対戦要求。

関連:内藤哲也「随分、左腕が痛そうだね」、ジュースの左腕の状態、タマ「明日で全てがわかるだろう」、ケニー「明日は1対1」【新日本プロレス・2018.7.20】
関連:棚橋弘至「かわいいヤツ」、矢野「日大精神」、SANADA「頭から落とすだけがプロレスじゃない」、ケニー「俺のユニットを大事にしていく」【新日本プロレス・2018.7.21】

現在のバレットクラブは、バレットクラブOGとバレットクラブ・ジ・エリートに分裂状態。

どちらが真のバレットクラブを名乗るのか、どこかできっちりとケリをつけなければなりませんね。

ザック・セイバーJrのクリメイション・リリー

ジュースが逃れようとすると左腕を足で挟み込み、さらに足も4の字のように固めて手で固定。まるでダルマのように両手両足を固められてしまったジュースは万事休す。たまらずギブアップをし、ザックが優勝の希望をわずかに残す勝ち点8を獲得した。

ザック・セイバーJr選手の変形足4の字固め(?)の技名はクリメイション・リリー

技名の由来は母国イギリスのアーティスト「 Cremation Lily のようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA