《ダイジェスト動画追加》新日本プロレス 試合結果 2018.8.4・G1クライマックス28・十四日目・Bブロック7戦目【第2試合まで無料】

新日本プロレス・2018年8月4日・G1クライマックス28( G1 CLIMAX 28 )・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪) 大会の試合結果、動画、Bブロック星取・順位表のまとめ!

第2試合までYoutubeで無料配信中!

オープニングVTR

ダイジェスト動画追加

スポンサーリンク

第1試合

YOSHI-HASHI 

vs

バッドラック・
ファレ
× SHO〇 タンガ・ロア
エイプシット

第2試合

ハングマン・
ペイジ
 

vs

〇 鈴木みのる
ゴッチ式パイルドライバー
× チェース・
オーエンズ
エル・
デスペラード

第3試合


真壁刀義
 

vs

〇 ジェイ・
ホワイト
ブレードランナー
× トーア・
ヘナーレ
YOH

試合後、ジェイ・ホワイト選手がイスで真壁刀義選手を襲撃!

第4試合

棚橋弘至 

vs

マイケル・
エルガン

× 海野翔太
〇 デビッド・
フィンレー
プリマノクタ

第5試合

オカダ・カズチカ
vs
EVIL
× 外道〇 BUSHI
エムエックス

EVIL選手がレインメーカー!

第6試合・Bブロック公式戦

× 矢野通vs〇 SANADA
リングアウト

SANADA選手が場外でパラダイスロック、テーピングで柵に固定すると、さらに柵を鉄柱に巻き付ける。

英語実況のロッキー・ロメロ選手が救出しようとするも、SANADA選手がパラダイスロックで阻止、そのまま20カウントで場外リングアウト裁定。

矢野通=2点(1勝6敗)
SANADA=8点(4勝3敗)

第7試合・Bブロック公式戦

〇 後藤洋央紀
反則
vs× タマ・トンガ

後藤洋央紀選手がGTRを決めると、バッドラック・ファレ選手がレフェリーを場外に引きずり落としてカウントを妨害。

そしてバッドラック・ファレ選手がグラネードを決めると、海野レフェリーが現れて反則裁定。

後藤洋央紀=6点(3勝4敗)
タマ・トンガ=4点(2勝5敗)

第8試合・Bブロック公式戦


× ジュース・

ロビンソン

vs
〇 ザック・
セイバーJr
クリメイション・
リリー

ジュース・ロビンソン=4点(2勝5敗)
ザック・セイバーJr=8点(4勝3敗)

第9試合・Bブロック公式戦

〇 石井智宏
垂直落下式
ブレーンバスター

vs
× ケニー・
オメガ

石井智宏=6点(3勝4敗)
ケニー・オメガ=12点(6勝1敗)

メインイベント・Bブロック公式戦

× 内藤哲也vs〇 飯伏幸太
カミゴェ

内藤哲也=10点(5勝2敗)
飯伏幸太=10点(5勝2敗)

8月4日のBブロック星取・順位表

ケニー・オメガ選手がBブロック単独首位!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA