結局鈴木軍の結末と今後はどうなるの?【ノア・2016年12月】

プロレスリング・ノア 2016.12.2 後楽園でNOAHvs鈴木軍で全敗してしまった鈴木軍の結末と今後はどうなるのか整理してみました。

スポンサーリンク

鈴木みのる選手が公言していた時限爆弾は不発。

もし勝利していればどうなったのかは、今となってはわかりません。

しかし試合終盤に鈴木軍のメンバーを呼び込んでも姿を現さなかったこと、試合後に杉浦貴選手がオリンピック予選スラムで襲撃したことを考えると、これまで通りに鈴木軍を継続することはないでしょう。

今後どうなるのかを考えるために、まず本来はどの団体に所属しているのかを整理。

  • 鈴木みのる フリー(パンクラス)
  • TAKAみちのく KAIENTAI DOJO
  • タイチ 新日本プロレス
  • ランス・アーチャー フリー(新日本プロレス)
  • デイビーボーイ・スミスJr. フリー(新日本プロレス)
  • 飯塚高史 新日本プロレス
  • エル・デスペラード 新日本プロレス
  • 金丸義信 フリー(プロレスリング・ノア)
  • 杉浦貴 プロレスリング・ノア

単純に考えれば、新日本プロレス復帰組と新体制になったプロレスリング・ノア残留組で分かれるでしょう。

もしくはかつての小島軍から鈴木軍への変遷のように、トップをすげ替えて杉浦軍を結成し、鈴木みのる選手だけが去っていくのかもしれません。

そうなった場合、昨日BULLET CLUBのケニー・オメガ選手がツイートした新メンバーが鈴木みのる選手ではないかという想像もできてしまう。

他にも、鈴木軍は杉浦貴選手以外はそのまま、再び新日本プロレス参戦、ベルト奪取、ライオンズ・ゲート乗っ取りで鈴木軍興行拡大、そこに新日本プロレスの選手たちが逆に参戦するという流れも面白い。

そうすれば人員過多も解消できるし、新しい対抗軸も生まれてよりリング上が活性化していくと思います。

鈴木軍は本日(12.3 有明)もプロレスリング・ノアに出場予定。

昨日の試合結果だけではわからなかった答えが、今日の大会で明らかになることに期待しましょう!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA