【新日本プロレスWTL2016】12.2時点のBブロック得点&脱落・優勝可能性まとめ

新日本プロレス WORLD TAG LEAGUE 2016 Bブロックの、12.2 山口 時点の得点と脱落・優勝可能性を残すチームをまとめました!

スポンサーリンク

タッグリーグ

  • 後藤組 8点(残り2試合)
  • オカダ組 6点(残り2試合)
  • SANADA組 6点(残り2試合)
  • GBH 6点(残り2試合)
  • 柴田組 6点(残り2試合)
  • ヨシタツ組 4点(残り2試合)※脱落
  • ケニー組 4点(残り2試合)※脱落
  • ファレ組 0点(残り2試合)※脱落

後藤洋央紀&石井智宏組が単独トップ!

順当ですが、得点6が4チームと大混戦。

後藤選手に今年一年の締めくくりに優勝して欲しい気持ちもあれば、SANADA選手に勲章を手に入れてもらいたい気持ちもある。

真壁刀義&本間朋晃組に2連覇して欲しい気持ちも、決勝戦で柴田勝頼&永田裕志組 vs テンコジを見たい気持ちあるので、Bブロックはどのチームが優勝決定戦に進出しても文句ありません。

公式戦以外に注目していきたいのは、2017.1.4東京ドームのNEVER無差別級王座戦の対戦相手。

大方の予想通り後藤選手になるのか、それとも昨日プロレスリング・ノアとの全面対決に敗北した鈴木軍が名乗りを上げるのか、まだまだどうなるかわかりません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)