ジュース・ロビンソンは左手第五中手骨骨折も欠場せず、ヒロムからイシモ・リーに返答【新日本プロレス・2018.6.20】

新日本プロレス・2018年6月20日・キズナロード2018( KIZUNA ROAD 2018 )・いわき市立総合体育館大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

ジュース・ロビンソン

なお、6.18後楽園ホールでは、ジェイが試合後の乱闘でジュースの左手を破壊。ジュースは左手第五中手骨を骨折したが、ギプスをはめてシリーズに強行出場。万が一、その左手で攻撃した場合、反則負けとなる特別ルールが適用される。

まずは左手を骨折してしまったジュース・ロビンソン選手の今後について。

G1スペシャル in サンフランシスコ(7月7日)ではIWGP USヘビー級王座への挑戦、その後はG1クライマックス28(7月14日開幕)へのエントリーも決定しているが、今シリーズも欠場することなくギブスをつけた状態で出場するとのこと。

関連:新日本プロレス・2018.7.7・G1スペシャル in サンフランシスコの一部対戦カード決定!
関連:G1クライマックス28のA・Bブロック分けが決定!【新日本プロレス・2018年6月】

ジュース「(※左手を冷やしながら)何をしゃべればいいのやら……。どうすればいいのやら……。どうなるか、自分でもわからない。言い訳すら思いつかないよ。プロレスを始めて以来、最大の危機だね。どうしようもない。でも、やるしかない。なんとか言ってほしいね、どうすればいいのか。まだ、ジェイ・ホワイトとの本番は終わってないんだからね。まだ誰も、ジェイ・ホワイトと試合がどうなるかを見てないだろ?俺がわかってるのは、俺自身、100%ではないということだけだ。サンフランシスコの試合を迎えてもね。まあ、せいぜい60%ぐらいだろうか。やってられないよって思うけど、何を言っても始まらない。せっかく日本でつかんだチャンスなんだけどね。IWGP USヘビー級チャンピオンになれるチャンスなのにね……。そのあとには『G1』も待っている。こんな悪い状態で迎えないといけないなんて……。本当に深刻な事態だ。今まで経験したことがないほどにね。だけど、どんなに厳しい状況でもなんとかするのがジュース・ロビンソンって男さ。ジェイ・ホワイトに壊されて、左手が使えなくてもな。本当は十分に回復できるだけの時間が欲しいけど、そんなこと言ってられない。俺は計算して動くような男じゃない。とにかく強い心で闘い抜くだけさ。拳が使えなくてもね。お前を倒すだけだ。甘く見てると痛い目に遭うぞ、ジェイ・ホワイト。明日はお前の顔面を打ち抜いてやる。あ、明後日だな。俺のことは心配しなくていい。情けはかけるな。ヤマガタでも。その次はどこだったかな?まあ、どこか忘れたけど、そこでも。ジェイよ、俺は反則負けになっても構わない。ファンを落胆させてしまうかもしれないけど、そんなこと構ってられない。自分でも何するかわからなくなってきてる。ジェイ、いつまでもきれいな顔でいられると思うなよ。何をするか、どうなるかなんて考えてられない。とにかくお前を叩きのめすだけだ。

今シリーズの残りの大会を欠場しないというジュース・ロビンソン選手の決断は尊重したいが、負傷箇所が悪化してG1スペシャルやG1クライマックス28を欠場する可能性も考えなければならない。

仮にそうなってしまった場合、G1クライマックス28はエントリーに不満を示しているタイチ選手が代打出場候補か?

高橋ヒロム

ヒロム「新日本プロレス、どこにするかな?俺とドラゴン・リーの闘い、いったい、どこにすんのかな?IWGPジュニアヘビー級選手権試合、組んでくれること、楽しみに待ってるよ。俺はどこでもいいから。さっさと準備したいから、教えてくれよ。あ、それと、イシモ・リー……イシモ・リーだっけ?ちょっと待っといてよ。ねえ。ちょっと待っといてよ。大丈夫だから。俺、最多防衛するからさあ、最多防衛してるうちのどっかで会おう。イシモ・リー……

IWGPジュニアヘビー級王座挑戦を狙う石森太二選手ことイシモ・リーに対して、高橋ヒロム選手はちょっと待っといてよと返答。

まずはドラゴン・リー選手とのタイトルマッチがどこで組まれるのか、今シリーズ後の公式発表を待ちましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA