柴田勝頼がNEVER奪回でRPWと二冠に!1.4の対戦相手は誰?

新日本プロレス 2016.11.15 WRESTLING WORLD 2016 IN SINGAPORE シンガポール・マリーナ・ベイ・サンズで柴田勝頼選手がNEVER無差別級王座を奪回しました。

スポンサーリンク

シンガポール大会

メインイベント NEVER無差別級選手権試合
× “キング・オブ・ダークネス”EVIL
vs
柴田勝頼 PK

まずシンガポール大会についてですが、すごくいい雰囲気だったのが画面からも伝わってきました!

1,300人の観衆、選手の知名度、会場の盛り上がり、どれも新日本プロレスワールド効果ですね。

シンガポールは英語圏でWWE人気が高いため、EVIL選手のエルボーにブーイングが起こるなど、WWE式の応援と日本式の応援が合わさってとても斬新でした。

EVIL

試合結果は柴田選手が顔面にヒットしたようにも見えた容赦ないPKで王座を奪還し、EVIL選手は残念ながら10日間王者に終わってしまいました。

マネー・イン・ザ・バンクやいつでもどこでも挑戦権がない新日本プロレスでは、あまり考えられない王者期間の短さです。

余談ですが、NEVER無差別級6人タッグ王座が2月にたった6日間で移動したので、私の知る限りでは今回が最短記録ではありません。

同期の高橋ヒロム選手の凱旋帰国の日に、新日本プロレスのベルトを初めて手にしたメモリアルな戴冠だっただけに、簡単には手放したくなかったはずです。

ですが、G1からのシングルマッチの試合内容を見れば、今後もタイトルマッチを安心して任せられるだけの闘いを見せてきました。

残念な気持ちも強いですが、逆にこれからへの期待もさらに大きくなったシングルマッチでした。

スポンサーリンク

L・I・J

少し気になるのは、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが2016年の新日本プロレスを会場・グッズ・話題性など様々な面で盛り上げてきたにも関わらず、ここにきて失速している点。

終わりよければ全て良しという言葉とは反対に、BUSHI選手、SANADA選手、EVIL選手の今年の活躍が報われないまま、2016年を終えるのは後味が悪い。

当然勝者もいれば敗者もいるので、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが常に勝てばいいわけではありませんが、今年の締めくくりにWORLD TAG LEAGUE 2016優勝という勲章をSANADA選手には掴んでもらいたいです。

柴田勝頼

柴田選手は昨日の勝利により、NEVER無差別級とRPWブリティッシュ・ヘビー級の二冠王者になりました。

柴田 とりあえず、体と魂がもつ間は、しっかりと踏ん張るじゃないけど、変わらず闘っていきたいと思います、自分のプロレスを。今日だって、一昨日だって、その前だって、自分のプロレスを、他の国の人間に知ってもらういいチャンスだったと思います。そう考えると、そのチャンスが2倍になったと思って、やっていきたいと思います。(引用:新日本プロレス公式サイトより)

柴田選手のファイトスタイルは、誰が相手でも場所がどこでも変わらないのが魅力ですが、本当に身体が保つのかという心配は尽きません。

すでに怪我を押して出場して選手たちに怪我をしないでほしいと言うのは余計なお世話だと思いますので、とにかく大きな事故や欠場に至らないことだけを願っています。

1.4

NEVER無差別級の次期挑戦者、つまり2017.1.4東京ドームでの柴田選手の初防衛戦の対戦相手は誰になるのでしょうか。

コーディ・ローデス選手や船木誠勝選手、ケンドー・カシン選手のようなサプライズを除けば、タッグリーグで同じBブロックの選手との因縁がタイトルマッチに発展することが予想されます。

  • 真壁刀義
  • 本間朋晃
  • オカダ・カズチカ(IWGPヘビー級王者)
  • YOSHI−HASHI
  • 後藤洋央紀
  • 石井智宏
  • ヨシタツ
  • ビリー・ガン
  • ケニー・オメガ(1.4IWGPヘビー挑戦権利証)
  • チェーズ・オーエンズ
  • バッドラック・ファレ
  • BONE SOLDIER
  • SANADA
  • EVIL(前NEVER王者)
  • 永田裕志(タッグパートナー)

本命は後藤選手。

ですが、せっかく無差別級と謳っているのだから、今現在発表されている1.4の対戦カードとは一味違う、色んな意味で無差別で予想外の選手が現れてくれることに、私は期待しています!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA