ディファイアント王座戦!オースチン・エリーズ対マーティン・カービー!【ディファイアントレスリング #11】

今週のDefiant #11はマグニフィセント7争奪戦出場者決定予選&次期ディファイアント女子王座挑戦者決定戦&ディファイアント王座戦!

スポンサーリンク

先週のディファイアントレスリングはコチラ!

#11 全試合動画

マグニフィセント7争奪戦出場者決定予選

〇 プライメイト
スピアー
vs× ザック・
ギブソン

プライメイト選手がスピアーで勝利、マグニフィセント7争奪戦出場決定!

ステュー・ベネットGM

2018年3月19日に開催される次回PPV・ライツアウトで行われるマグニフィセント7争奪戦。

ステュー・ベネットGMが自ら連れて来ると宣言していたワイルドカードが、ROHのクリストファー・ダニエルズ選手であることが判明!

マグニフィセント7争奪戦出場者決定予選・タッグマッチ

× ジョー・
コフィ
 

vs

〇 ジョー・
ヘンドリー
ヘンドリーロック
BTガンエル・リゲロ

ジョー・ヘンドリー選手がヘンドリーロックで勝利、エル・リゲロ選手とともにマグニフィセント7争奪戦出場決定!

次期ディファイアント女子王座挑戦者決定戦

〇 ケイ・リー・
レイ
反則

vs
× サミー・
ジェイン

サミー・ジェイン選手がスープレックス3連発を決めたところで、ミリー・マッケンジー選手が登場。

制止するレフェリーを突き飛ばして反則裁定になるも、ミリー・マッケンジー選手がジャーマンスープレックス2連発!

そしてディファイアント女子王座のベルトを掲げると、ケイ・リー・レイ選手がスーパーキック!

しかしミリー・マッケンジー選手がジャーマンスープレックスで反撃して、次期挑戦者は不透明なまま終了。

ディファイアント王座戦

〇[王者]オースチン・エリーズ
ラスト
チャンスリー

vs

× マーティン・

カービー

マーティン・カービー選手がラストチャンスリーを決めると、まだレフェリーがギブアップかどうか確認している最中にもかかわらず、試合終了のゴングが鳴ってしまい、マーティン・カービー選手がベルトを手にして喜ぶ。

だがレフェリーはタップアウトしていないと説明していると、試合再開のゴングが鳴る。

そこにゴングを持って登場したのは、先週の放送で唯一オースチン・エリーズ選手とともに行動すると決断したノー・ファン・ダン選手。

最後はオースチン・エリーズ選手が垂直落下式ブレーンバスターからのラストチャンスリーで勝利、王座防衛!

放送の最後にステュー・ベネットGMから呼び出されたミリー・マッケンジー選手、次期挑戦者決定戦に介入したペナルティとして、ライツアウトでのディファイアント女子王座戦・3WAYマッチが決定!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA