ケニー・オメガ、ニュージャパンカップ2018不参加の理由【新日本プロレス・2018年2月】

新日本プロレスのケニー・オメガ選手がニュージャパンカップ2018不参加の理由を説明!

スポンサーリンク

昨日2018年2月26日、NEW JAPAN CUP 2018 出場者&トーナメント組み合わせ発表が行われました。

関連:ニュージャパンカップ2018出場者&トーナメント組み合わせが決定!【新日本プロレス・2018年3月】

16周年記念大会を控えるROH勢(チャッキーT選手を除く)、負傷欠場中の選手(EVIL選手、本間朋晃選手、柴田勝頼選手、バレッタ選手)は不参加。

またIWGP USヘビー級王座の防衛戦が決定しているジェイ・ホワイト選手も不参加となり、日程的には問題がないと思われていたG.O.D(タマ・トンガ選手&タンガ・ロア選手)も不参加となりました。

ヒクレオ選手はシリーズ帯同予定なので、家族の問題ではなさそうだが…?

そして前IWGP USヘビー級王者として優勝候補のひとりだったケニー・オメガ選手も不参加が決定。

昨日お昼ごろまでは、新日本プロレス公式サイトで飯伏幸太選手の見所として今回は首のケガのため欠場となった盟友ケニーの思いを背負って」(現在は修正済)と紹介されていたケニー・オメガ選手が、自らニュージャパンカップ2018不参加の理由を説明。

一方でシングル王座戦線再浮上のかかるトーナメント・NJCには不参加を決断。ケニーは「ファンをガッカリさせたくはないんだけど…。自分にはまずは集中しないといけない戦いがあると思う。友達と戦う準備をしないといけない」と説明した。
ケニーがリーダーとして君臨するバレットクラブ(BC)は、Cody(32)の造反により不協和音が生じ、GLが復活した今では他のメンバーを巻き込んだ内紛状態が続いている。ヤングバックスとの同門対決以外にも、4月7日ROHニューオーリンズ大会ではCodyとの因縁の一騎打ちが決定済みだ。そのため今は「二兎を追う」ことは得策ではないと判断したようだ。
もちろんシングルのベルトに挑戦したくないわけではない。でもそれはバレットクラブの問題が解決してからだ」とケニー。(引用:東スポweb

関連:ケニー・オメガ対CODYのシングルマッチが決定!【ROH・2018年4月】
関連:コーディ・ローデス「俺がリーダーじゃないグループにはいられない」【新日本プロレス・2018年2月】

不参加の理由は首の怪我なのか、Cody選手なのか。

いずれにしても、万全の状態でCody選手との一騎打ちに臨むための選択ということには間違いないですね。

しっかりとバレットクラブの問題を解決して、再びタイトル戦線に復活してもらいたい。

またケニー・オメガ選手は不参加にもかかわらず、ゴールデン☆ラヴァーズの飯伏幸太選手はバレットクラブとタッグを組むこととなりました。

以前から飯伏幸太選手はどこに属するとかは、ボクには関係ないと述べていたので、どのユニットで闘うかによる影響はなさそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA