武藤敬司「プロレス生活を長く続けたいがための決断」&クルーザーフェス2018準決勝!【週刊WRESTLE-1 TV】

今週の「週刊WRESTLE-1TV #046は、レッスルワン・2月18日・静岡大会速報、2月14日・後楽園ホール大会ハイライト、膝の人工関節手術を決心した武藤敬司選手の独占インタビュー!

スポンサーリンク

今週は永友春菜(@tomoh0101)さんがお届け!

まずは2月18日・静岡大会!

クルーザーフェス2018・準決勝の2試合が行われ、アレハンドロ選手とアンディ・ウー選手が決勝戦進出!

ニューエラのマスクマンによる決勝戦は、3月14日・後楽園ホール大会で行われます。

続いて先週の週刊WRESTLE-1 TVに入りきらなかった2月14日・後楽園ホール大会のハイライト!

レッスルワン所属が発表された木村花選手の所属第一戦。

スターダムの木村花選手とは正反対、どちらも本当に魅力的。

レッスルワンに所属する女子レスラーを増やしたいという目標に向けて闘う木村花選手を、今後も応援していきましょう!

最後は膝の人工関節手術を決心した武藤敬司選手の独占インタビュー。

今回の手術は今後プロレス生活を長く続けたいがための決断であると同時に、私生活を送るのも大変な状況を改善するための手術でもあるが、この痛みが本当にとれて本当に歩けるようになるのかとかさ、まあまだ不安がいっぱいですよという不安な心境を明かしました。

そして武藤敬司選手としての手術前ラストマッチとなる3月14日・後楽園ホール大会に向けて、痺れるくらいカッコいいムーンサルトを披露したいなと思っておりますよと抱負も語りました。

先日のマスターズで蝶野正洋選手とのリング上での遭遇があったばかりなだけに、すぐにその続きが見ることが出来ないのは残念ですが、手術の成功を願いながら後楽園ホール大会でのムーンサルトプレスに期待!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA