飯伏幸太の答え、ゴールデン☆ラヴァーズは「再開じゃなくて、新しい始まり」【新日本プロレス・2018年2月】

新日本プロレス・飯伏幸太選手がゴールデン☆ラヴァーズ復活についてコメント!

スポンサーリンク

2018年1月28日・札幌大会、二人がDDTを去ってから初めてゴールデン☆ラヴァーズがリング上で復活!

先日、ケニー・オメガ選手はゴールデン☆ラヴァーズ復活についてきっと2人ですごいことができると思うと、今後も飯伏幸太選手と組んで闘っていく姿勢を見せました。

関連:ケニー・オメガの本音「本当は一緒のリングに立ちたい」【新日本プロレス・2018年1月】

これに対して、ついに飯伏幸太選手もゴールデン☆ラヴァーズの今後に関してコメント!

飯伏は1月28日札幌大会で、US王座を失いバレットクラブ(BC)内で孤立したケニーを救出。その理由について「友達だから」とあまりに端的な言葉で説明したが、そのひと言に全ての思いが凝縮されている。
BCの内紛により、今後の勢力図は極めて不透明。しかし「今までもどこにも属していないし、今後もどこにも属さない」と言い切る飯伏は、ある意味ユニットを超越した存在だ。ケニーとの共闘は決して遠くないと見られる。「(GLは)一度終わったものですからね。だから再開じゃなくて、新しい始まり。今のヘビー級の2人が組んだらどうなるのか、楽しみではある。これ以上ない最高のタッグチームだと思うけど、3年の空白でかみ合うのかかみ合わないのか。やってきたことが違いすぎて、タッグでどうなるのかという気持ちもあります」と分析しつつ腕をぶした。
飯伏とケニーは唯一無二のパートナー同士であることは間違いない。その一方で「お互いに上に上がっていくライバル」と強く認識していることも事実だ。飯伏は「全く別のルートで成長してきたけど、新日本プロレスファンは『差がついた』みたいに思ってるかもしれない。結果的に新日本で結果を残せていないのは自分なんで。自分でやるべきことはあるし、そこは助けてもらうつもりもないです。ケニーに関係なく、自力で結果を残したい」と言い切った。
タッグチームとしての野望はあるけど、どちらかというとシングル。次は自分がシングルで上がっていく。もちろんタッグ戦線でも間違いなく何か起こすというか起きるだろう、と。2018年は面白くなるなと思いますね」と、ケニーとの絆の復活を機に、改めてかぶとの緒を締めたゴールデンスター。(引用:東スポweb

ゴールデン☆ラヴァーズ復活は再開じゃなくて、新しい始まり、しかしあくまで飯伏幸太選手としてはどちらかというとシングル戦線で結果を残すことに重点を置いている模様。

飯伏幸太選手はジュニアからヘビー級転向後、新日本プロレスの3つのヘビー級&無差別級のベルトに挑戦するも、まだヘビー級のシングルタイトルは獲得できていない。

飯伏幸太選手も自力で結果を残したいと語っている通り、IWGPインターコンチネンタル王座、IWGP USヘビー級王座を戴冠したケニー・オメガ選手と肩を並べるという意味でも、まずはシングルで結果を残したいところ。

その日が訪れるまでゴールデン☆ラヴァーズ完全復活は待つことになるかもしれませんが、二人が完全に納得するまでいつまでもお待ちしています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA