WWE 2018.1.28 ロイヤルランブル2018 試合結果

WWE・RAW & SmackDown LIVE・2018年1月28日(日本時間1月29日)・ロイヤルランブル2018(Royal Rumble 2018)の試合結果、動画まとめ!

スポンサーリンク

関連:WWE 2018.1.28 ロイヤルランブル2018の対戦カード
関連:ロイヤルランブルを見よう!【WWE・2018年1月】

2018年1月22日のRAWはコチラ!

2018年1月23日のSmackDown LIVEはコチラ!

キックオフショー(2:01:38)の様子はコチラ!

205Live・6人タッグマッチ(キックオフショー)

〇 カリスト
サリーダ・デル・
ソル
 

vs


× TJP
リンセ・ドラドジャック・
ギャラガー
グラン・メタリックドリュー・グラック

タッグマッチ(キックオフショー)

ギャローズ&
× アンダーソン
vs〇 リバイバル
丸め込み

US王座戦・オープンチャレンジ(キックオフショー)

〇[王者]ボビー・
ルード
グロリアスDDT

vs
× モジョ・
ローリー

ボビー・ルード選手が王座防衛!

ここから本戦開始!

WWE王座戦・ハンディキャップマッチ

〇[王者]
AJスタイルズ
カサドーラ
 

vs

× ケビン・
オーエンズ
サミ・ゼイン

ケビン・オーエンズ選手がポップアップ・パワーボムを狙うと、AJスタイルズ選手がカサドーラで切り返して勝利、王座防衛!

スマックダウンタッグ王座戦・3本勝負

〇[王者組]
ジミー・ウーソ
 

vs

× シェルトン・
ベンジャミン
〇 ジェイ・ウーソ× チャド・ゲイブル

1本目はウーソズがダブル・スーパーキックで先取!

シェルトン・ベンジャミン選手&チャド・ゲイブル選手が合体パワーボムを狙うが、ウーソズがスモール・パッケージ・ホールドで切り返して2本目も勝利!

2-0でウーソズが勝利、王座防衛!

男子ロイヤルランブル戦

登場選手名退場
1ルセフ12
2フィン・ベイラー27
3ライノ1
4バロン・コービン2
5ヒース・スレーター4
6イライアス15
7アンドラデ・シエン・アルマス18
8ブレイ・ワイアット14
9ビッグE8
10タイ・デリンジャー
サミ・ゼイン
5
11シェイマス3
12エグゼビア・ウッズ7
13アポロ・クルーズ6
14〇 中邑真輔
15セザーロ9
16コフィ・キングストン11
17ジンダー・マハル10
18セス・ロリンズ22
19マット・ハーディー13
20ジョン・シナ28
21ザ・ハリケーン16
22エイデン・イングリッシュ17
23アダム・コール19
24ランディ・オートン25
25タイタス・オニール20
26ミズ21
27レイ・ミステリオ26
28ロマン・レインズ29
29ゴールダスト23
30ドルフ・ジグラー24

敗退したバロン・コービン選手がルセフ選手、フィン・ベイラー選手、ヒース・スレーター選手を襲撃、リング上は誰もいない状況のなか、イライアス選手がギターを弾いて歌いながら入場。

NXT王者のアンドラデ・シエン・アルマス選手がサプライズ登場!

タイ・デリンジャー選手の入場曲が流れるも、バックステージでサミ・ゼイン選手とケビン・オーエンズ選手が襲撃し、代わりにサミ・ゼイン選手が出場!

NXTからアダム・コール選手もサプライズ登場!

レイ・ミステリオ選手がサプライズ登場!

30番目はドルフ・ジグラー選手!

最後のふたりに残ったのは中邑真輔選手とロマン・レインズ選手!

中邑真輔選手がキンシャサを決め、ロマン・レインズ選手を場外に投げ落として勝利!

試合後のインタビュー、中邑真輔選手はレッスルマニアのメインイベントで誰に挑戦するか尋ねられると、A・J・スタイルズ!と返答!

スポンサーリンク

RAWタッグ王座戦

×[王者組]
セス・ロリンズ
 

vs

〇 セザーロ
合体ホワイトノイズ
ジェイソン・
ジョーダン
シェイマス

コーナーポストに顔面から叩きつけられたジェイソン・ジョーダン選手は場外に倒れたまま起き上がることが出来ず、セス・ロリンズ選手がローンバトルを強いられる展開。

セス・ロリンズ選手が孤軍奮闘するも、最後までジェイソン・ジョーダン選手はリング上に戻ることが出来ず、ザ・バーが合体ホワイトノイズで勝利!

ザ・バーがRAWタッグ王座を奪回!

ユニバーサル王座戦・3WAYマッチ

〇[王者]
ブロック・レスナー
F5

vs
ブラウン・
ストローマン
vs× ケイン

ノーDQマッチ!

ブロック・レスナー選手がイスの上にF5を決めて勝利、王座防衛!

女子ロイヤルランブル戦

登場選手名退場
1サーシャ・バンクス27
2ベッキー・リンチ14
3サラ・ローガン7
4マンディ・ローズ1
5リタ3
6カイリ・セイン4
7タミーナ2
8 デイナ・ブルック5
9トリー・ウィルソン6
10ソーニャ・デヴィル8
11リブ・モーガン9
12モーリー・ホーリー10
13ラナ11
14ミシェル・マクール13
15ルビー・ライオット17
16ヴィッキー・ゲレロ12
17カーメラ21
18ナタリア25
19ケリー・ケリー16
20ナオミ18
21ジャクリーン15
22ナイア・ジャックス23
23 エンバー・ムーン20
24ベス・フェニックス19
25〇 アスカ 勝
26ミッキー・ジェームス22
27ニッキー・ベラ29
28ブリー・ベラ28
29ベイリー24
30トリッシュ・ストラタス26

リングサイドではRAW女子王者のアレクサ・ブリス選手、スマックダウン女子王者のシャーロット・フレアー選手が観戦。

NXTからカイリ・セイン選手がサプライズ登場!

NXT女子王者のエンバー・ムーン選手がサプライズ登場!

30番目はトリッシュ・ストラタス選手!

最後のふたりに残ったのはニッキー・ベラ選手とアスカ選手!

エプロン上の攻防となり、アスカ選手が低空ドロップキックでチング下に落として勝利!

試合後、RAW女子王者のアレクサ・ブリス選手とスマックダウン女子王者のシャーロット・フレアー選手がリング上に上がる。

するとUFCのロンダ・ラウジー選手が登場、レッスルマニアのサインを指差す!

そしてアスカ選手に握手を求めるも拒否されると、再びレッスルマニアのサインを指差すと、リングを下りてステファニー・マクマホンと握手。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「WWE 2018.1.28 ロイヤルランブル2018 試合結果」への2件のフィードバック

  1. 中邑選手とアスカ選手がヤッてくれましたね(*つ▽`)っ
    これは快挙です。日本人として誇らしすぎます。まだ決まりではありませんがレッスルマニアでAJvs中邑なんてことになると思うと……。
    ただ、スティーネリコファンからすると少し複雑でもありますww二人同時王者というのも見たかったかなと……ww
    昨日のゴールデン☆ラヴァーズのことも含め、嬉しいニュースの連続でますますプロレスにのめり込みそうです。
    あとヒデオ・イタミ選手も負けじと頑張ってほしい。本家GTS(G2s)を大舞台で魅せつけてほしいです。

    1. 男子ランブル戦も女子ランブルも本当に滾りましたね!
      まさに歴史的な瞬間を目撃できて純粋に嬉しかったです。

      共同王座も見たかったですが、今後のカミのお楽しみのひとつということにしておきましょう。
      次はヒデオ選手にクルーザー級王座を、カイリ・セイン選手にNXT女子王座を獲る日が楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA