《動画追加》RAW25周年記念大会!レジェンド大集結!【WWE・RAW・2018.1.22】

WWE・RAW・2018年1月22日(日本時間2018年1月23日)の試合結果、動画をご紹介!

スポンサーリンク

先週のRAWはコチラ!

プレショー(54:28)の様子はコチラ!

マクマホンファミリー&スティーブ・オースチン

RAWコミッショナーのステファニー・マクマホン、スマックダウンライブ・コミッショナーのシェイン・マクマホンが登場して、ビンス・マクマホンを呼び込む。

ビンス・マクマホンに25周年記念プレートを見せると、安っぽいな、そして25年間やってきて、こんなプレートをくれるのか?、さらに感謝しなければならない人物はひとり、俺だけだ。なぜなら俺が全てをやってきたからだ。

そこにスティーブ・オースチンが登場、そしてシェイン・マクマホンと握手をするとスタナー!

するとビンス・マクマホンは和解のために缶ビールを渡して乾杯からハグ、しかし最後はもちろんスタナー!

女子8人タッグマッチ

〇 サーシャ・
バンクス
バンク
ステートメント
 

 

vs


ソーニャ・

デヴィル
アスカマンディ・ローズ
ベイリーナイア・ジャック
ミッキー・
ジェームス
× アリシア・
フォックス

サーシャ・バンクス選手がバンクステートメントで勝利!

試合後、アスカ選手が味方の3人をロイヤルランブル戦のようにリング外に放り投げる!

カート・アングルGM

カート・アングルGMのオフィスにジョナサン・コーチマン、ハービー・ウィップルマン、ブルックリン・ブロウラー、テディ・ロング、ブラザー・ラブ、ブギーマンらレジェンドが集結

アンダーテイカー

別会場(マンハッタン・センター)に映像が映ると、アンダーテイカー選手が登場!

アンダーテイカー選手が25年前、この地獄の聖地で大虐殺は始まったと話し始め、最後はこの聖地で、敗れていった者たちに宣言しよう、時間だ、Rest… in… Peace.

インターコンチネンタル王座戦

×[王者]
ロマン・
レインズ

vs
〇 ミズ
スカルクラッシングフィナーレ

会場(バークレイズ・センター)に映像が戻り、RAW前GMであるジョン・ロウリネイティス、ウィリアム・リーガルGM、エリック・ビショフ、さらに現スマックダウンライブGMのダニエル・ブライアンが登場YES!YES!

そこにミズ選手&ミズトラージが登場し、ダニエル・ブライアンGMと睨み合う、そしてインターコンチネンタル王座戦に突入!

ミズ選手はスカルクラッシングフィナーレを決めるもカウント2、もう1発を狙うも、ロマン・レインズ選手が阻止。

するとロマン・レインズ選手がコーナーのミズ選手に飛び掛かると、ミズ選手がカバーを外していた剥き出しのターンバックルに激突、とどめのスカルクラッシングフィナーレで勝利、王座移動!

ミズ選手が新インターコンチネンタル王者に輝く!

ピープショー

クリスチャンのピープショー、セス・ロリンズ選手とジェイソン・ジョーダン選手を呼び込む。

ブーイングを受けるジェイソン・ジョーダン選手は父親に拍手喝采を送って欲しい、そこにザ・バーが登場、サックなのはお前の父親じゃない、お前だよ、そしてYou Suckに会場も呼応。

するとジェイソン・ジョーダン選手とセス・ロリンズ選手がザ・バーを攻撃、しかしセス・ロリンズ選手の二―アタックがジェイソン・ジョーダン選手に誤爆…

マット・ハーディーvsワイアット


× マット・

ハーディー

vs
〇 ブレイ・
ワイアット
シスター
アビゲイル

ブレイ・ワイアット選手がシスターアビゲイルで勝利

ディーバ集結

ベラ・ツインズ、マリース選手、ケリー・ケリー、リリアン・ガルシア、ジャクリーン、トリー・ウィルソン、ミシェル・マクール、マリア・ケネリス、トリッシュ・ストラタスら歴史を彩った女子選手が集結

スポンサーリンク

イライアス&ジェリコ、シナ

バックステージでイライアス選手がクリス・ジェリコ選手と遭遇。

クリス・ジェリコ選手がギターを借りようと頼むと拒否されてしまい、自らのギターで歌うと、イライアス選手をリスト・オブ・ジェリコに!

そしてイライアス選手はリング上へ向かい、いつものように歌い始めると、歌の途中でジョン・シナ選手が登場!

イライアス選手が襲い掛かるが、躱したジョン・シナ選手が反撃、AAを狙うが着地されて急所攻撃を食らい、イライアス選手がギターショットからドリフトアウェイ!

タイタスワールドワイドvsスレーター&ライノ

タイタス・オニール
vs 
ヒース・スレーター
アポロ・クルーズライノ

4人が乱闘となり収拾がつかず、レフェリーがノーコンテスト裁定。

するとダッドリーボーイズがサプライズ登場!

ヒース・スレーター選手にワッツアップ、そしてテーブルに3D!

DX

D-ジェネレーションXのトリプルH選手とショーン・マイケルズが登場!

そしてニュー・エイジ・アウトローズ、Xパック、スコット・ホールも呼び込む!

そこにベイラークラブも現れ、全員でToo Sweet!

するとリバイバルがやって来てタッグマッチに突入!

アンギャロvsリバイバル

ルーク・ギャローズ 

vs

× ダッシュ・
ワイルダー
〇 カール・
アンダーソン
マジックキラー
スコット・
ドーソン

試合後、リバイバルはそれぞれの得意技であるXファクター、フェイマサー、スウィート・チン・ミュージック、ペディグリー、クー・デ・グラなどを食らってノックアウト!

ユニバーサル王座、最後の前哨戦

カート・アングルGMがバックステージの選手、OBを引き連れて登場。

まずはブラウン・ストローマン選手、そしてケイン選手が登場すると、ポール・ヘイマンがブロック・レスナー選手を呼び込んで乱闘へ!

ブロック・レスナー選手がF5でケイン選手をノックアウト、今度はブラウン・ストローマン選手がクローズラインでブロック・レスナー選手を場外に叩き落とす。

するとアナウンステーブルへのランニングパワースラム!

最後の前哨戦はブラウン・ストローマン選手に軍配!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA