後藤洋央紀「俺は待ってます…」【新日本プロレス・2017年12月】

新日本プロレス・後藤洋央紀選手のレッスルキングダム12に向けたインタビューをご紹介。

スポンサーリンク

2018年1月4日・レッスルキングダム12・東京ドーム大会、後藤洋央紀選手はNEVER無差別級王座に挑戦。

新日本プロレス公式サイトで、NEVER無差別級王座戦に向けた後藤洋央紀選手のインタビューが公開されました!

関連:「“新日本の原点”を知っている男…、俺は鈴木みのると“闘い”がしたいです」髪の毛は絶対死守!? 後藤洋央紀インタビュー!【WK12C】(新日本プロレス公式サイト

敗者髪切り&ノーセコンドデスマッチや鈴木みのる選手への尊敬の念、鈴木軍の介入などについて語ると、最後は盟友・柴田勝頼選手についてもコメント。

―一方でこのNEVERのベルトは盟友の柴田選手から奪ったベルトじゃないですか?やはりベルトそのものに対しても思い入れはあります?
後藤 ありますね。やっぱり柴田から獲ったベルトだし、俺はこのベルトを持って、柴田を待ちたいですね。
―やはり柴田選手に戻ってきてほしいですか?
後藤 本心ではもちろん戻ってきてほしいです。ただ、命あってのことだし、俺がとやかく言うことではないと思います。でも、俺は待ってます……。
―去年は柴田選手がNEVERの防衛戦のたびに激闘を繰り広げてベルトの価値も上げたし、その色を定着させたじゃないですか。やはりそこを引き継いでいくためにもNEVERのベルトを取り戻したいですか?
後藤 そうしようと思っていた矢先にベルトを落としたわけだし、獲って再びスタートを切りたいですよね。負けたらマイナスでしかない。鈴木みのるは「負けたらゼロ」って言っていましたけど、俺からしたらマイナスですよ。だから、いま度こそ勝って、スタートを切りたいですよ。
―なるほど。では、最後に東京ドームではどういう闘いを見せようと思っているのか、教えてください。
後藤 本来のNEVERの色、柴田がつけた激しく強さを追い求めた色、そういう色が出るような試合をしたいですね。鈴木みのると“闘い”がしたいです。

桑名工業高等学校レスリング部から続く二人の物語はまだまだ続いている。

これまでもお互いがお互いを待ってきたように、今度はまた後藤洋央紀選手が待つ番。

今までと同じようにはいかないかもしれないが、どんな形であれ、また新日本プロレスで柴田勝頼選手の元気な姿を見れる日を待ちたいと思います。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA