KUSHIDAのドッグタグ【新日本プロレス・2017年12月】

新日本プロレス・KUSHIDA選手のドッグタグについてご紹介。

スポンサーリンク

今週の週刊プロレス No.1937のコスチューム研究はKUSHIDA選手!

KUSHIDA選手のコスチュームに対するこだわりのひとつとして「ドッグタグ」について言及。

毎試合KUSHIDA選手が首にぶら下げて入場し、会場のファンにプレゼントするのが恒例となっているドッグタグ。

my tag renewal

KUSHIDAさん(@kushida_ts)がシェアした投稿 –

こだわり_1 ドッグタグ
アレックス・シェリーとタッグを組むようになってから身に着け出し、そのつど観客にプレゼントしているため、年間でも相当数を使用。「シェリーと離れ離れになっても、つながりを示すために身に着けてます」(引用:週刊プロレス No.1937)

KUSHIDA選手とアレックス・シェリー選手のタイムスプリッターズは、新日本プロレスでは2015年11月、ROHでは2016年5月を最後に、1年以上タッグを組んでいない。

We are CHECK SPLITTERS

KUSHIDAさん(@kushida_ts)がシェアした投稿 –

今度はリング外ではなくリング上で二人が並んでいる姿を見たいですね。

ちなみにKUSHIDA選手のドックタグを手に入れやすくするマル秘テクニックがコチラ!

① 目立ちましょう
→会場内は暗く、リングは明るいです。リングから客席というのは、非常に見えずらく顔も判別するのは容易ではありませぬ。なるべく前の方に座って、Tシャツなどの応援グッズ、応援ボードなんかを見せてくれると、これはもう思わず投げちゃいます。グッと確率は高まるでしょう。
② 子供に大人は勝てません
→入場エントランスVTRに映る自分のようなちびっ子にはなるべくあげたいよねぇ。
それが人情ってもんよ。(引用:KUSHIDAのプロレス浪漫飛行

KUSHIDA選手のドッグタグが欲しい方は、是非来年から実践してみてください!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA