棚橋弘至V10達成「永田選手みたいな存在が新日本にいてくれて俺はうれしいです」【2011.12.4・V11への道】

【新日本プロレス・振り返りNo.114】

今回は2011年12月4日の棚橋弘至選手!

スポンサーリンク

IWGPヘビー級王座戦

〇[王者]棚橋弘至
ハイフライフロー
vs× 永田裕志

関連:試合動画(新日本プロレスワールド)

2011年12月4日・愛知県体育館大会、年内最後のビッグマッチのメインイベントはIWGPヘビー級王座戦!

棚橋弘至選手の10度目の防衛戦、挑戦者は連続防衛10回(当時)の記録を持つ永田裕志選手。

序盤は永田裕志選手がリング中央を陣取り、棚橋弘至選手を挑戦者扱いするかのような展開。

棚橋弘至選手も左膝への集中攻撃で流れを変えるが、永田裕志選手は左腕に照準を定め、お互いに一点集中攻撃で追い込む。

棚橋弘至選手はトゥエルブシックスから背中へのハイフライフローを決めるが、正調ハイフライフローは両膝でブロックされてしまう。

すると永田裕志選手が怒涛の攻撃、ナガタロックII、白目式腕固め、そして欠場中の中西学選手に捧げる大☆中西ジャーマン!

さらにタイナーからの雪崩式エクスプロイダー、バックドロップもカウント2!

そして永田裕志とどめのリストクラッチエクスプロイダーを狙うが、棚橋弘至選手が裏投げ2連発で逆転、スリングブレイドからドラゴンスープレックスホールドを決めるがカウント2!

棚橋弘至選手がヘッドバット連打でコーナー上での攻防を制すと、ボディアタック式ハイフライフロー、最後は正調ハイフライフローで勝利!

棚橋弘至選手が王座防衛、V10を達成、永田裕志選手の連続防衛記録に肩を並べました。

試合後、鈴木みのる選手が挑戦表明に登場。

鈴木「そんなさ、いきり立つなよ。な?俺、今日、話し合いに来たんだよ。紳士的に。平和的に。な?(※激しい野次に対し)だから話し合いに来たって言ってるじゃねぇかよ。(※なおも飛び交う激しい野次に対し)オイ、新日本プロレスのファン、話も聞いてくんねぇのか?紳士的に話すって言ってんじゃん。(※棚橋に対し)話ってのはほかでもない!そのベルト、俺によこせ!(※場内騒然)聞こえなかったみたいだな?じゃあ、オマエのその首、俺に差し出せ。もちろん!無償で出せよ。なんだよ?交渉決裂だよ。話し合いに来たのによ。じゃあ、しょうがねぇ。力づくでもらうことにするよ。このベルトも、オマエの首も、何もかもすべてだ!1月4日東京ドーム!!すべてを懸けて俺と闘え!!(※場内騒然&棚橋コール)
(中略)
そして鈴木は去り際に「オイ、オイ、棚橋。“ライオン面”してんじゃねぇぞ、このヤロー」と棚橋を挑発。怒った棚橋が、「オイ、鈴木!!新日本プロレス、ナメんじゃねえぞ!!」とやり返した。
これで大「棚橋」コールとなり、棚橋は「大丈夫!このベルトは、必ず俺が守ります!」と力強く宣言。そして、あらためて勝利者インタビューが開始された。
■勝利者インタビュー
―10度目の防衛を果たし、永田選手の記録に並びました。いまのお気持ちは?
棚橋「ありがとうございます。スッゲェ感動してます!(※大歓声)
―この試合に臨んだ気持ちは?
棚橋「スゲェ試合は緊張しました。というのも、やっぱり橋本(真也)選手の記録に並んで、永田選手に挑戦して、このV10を成し遂げる強い気持ちが必要だったから、自分に期待してましたし、みんなも期待してくれたと思うけど、その中でも俺が、俺に一番期待しました!(※大拍手)
―そして、試合はかなり厳しいものでした。振り返ってみて、いかがでしたか?
棚橋「永田選手みたいな存在が新日本にいてくれて、俺はうれしいです。これからももっと盛り上がっていくと思います(※大拍手)
―次の防衛戦、どうやら相手が決まりそうですが?
棚橋「(※棚橋コールを受け)ありがとう!誰が来ようと、新日本プロレスは俺が守ります!!(※大拍手)」(引用:新日本プロレス公式サイト

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA