テンコジ復活「もう1回、もう1回!テンコジ、やろうやないかい!」【2011.11.17】

【新日本プロレス・振り返りNo.112】

今回は2011年11月27日の天山広吉選手と小島聡選手!

スポンサーリンク

6人タッグマッチ

〇 天山広吉
反則
vs× 飯塚高史
キング・ファレヒデオ・サイトー
三上恭佑石井智宏

2011年11月27日・テクスポート今治大会、天山広吉選手は6人タッグマッチでCHAOSと対戦!

試合は飯塚高史選手のアイアン・フィンガー・フロム・ヘルで反則判定。

そして試合後、天山広吉選手はいつものようにCHAOSからの襲撃を受けると、これまたいつものように小島聡選手が救出に登場!

これまでもお互いがピンチの際には駆け付け共闘し、握手はしたものの、テンコジ復活だけは明言はしなかった。

しかしこの日、遂にテンコジ復活を宣言!

場内が騒然とする中、小島が求めた握手に天山が応じ、大歓声が沸き起こる。ここで天山はリングを降りるが、小島がマイクで「オイ、天山!ちょっと話があるんだ。聞いてくれよ、な?」と言って呼び戻した。
そして小島は「そろそろ、ちゃんとした返事、聞かせてくれよ。これから俺たちで新しいことをやって行くのか?それとも、やって行かねぇのか?どっちなんだよ!?答えてくれよ、天山!」と問いかける。
すると天山が「小島よ!オマエがそんなに言うんやったら、もう1回……、もう1回!テンコジ、やろうやないかい!」と返答。そして、両者はリング中央でガッチリと手を握り、場内がさらなる大歓声に包まれた。(引用:新日本プロレス公式サイト

1998年に結成して紆余曲折を経たテンコジが、この日から再び共に道を歩み始めました。

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA