オカダ・カズチカが内藤哲也に反論、永田が語る中西、ペイジ&裕二郎のチーム名【新日本プロレス 2017.12.8 バックステージコメント】

新日本プロレス・2017年12月8日・WORLD TAG LEAGUE 2017・広島グリーンアリーナ大会のバックステージコメントまとめ!

スポンサーリンク

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

オカダ・カズチカ

オカダ「(※外道の拍手に迎えられてコメントスペースに)内藤さん、『WORLD TAG LEAGUE』開幕前、『史上最低のタッグリーグ』って言ってましたね?俺はそんなふうに思わないよ。素晴らしいリーグ戦やってるし、この前、EVILだって言ってたよ、リング上で、『史上最高のタッグリーグだ』ってな。内藤さん、教えてやるよ。失言には気をつけろ。政治家といっしょだよ。それでな、支持率低下することだってあるんだからな。そんなでなきゃ、内藤さんが出なかったら史上最低のタッグリーグをやってるほど、ウチの、新日本プロレスのタッグは、そんな安くねえんですよ。内藤さんが出なかった、子供みたいなこと言ってんじゃないよ。俺だったらな、チャンピオンとして、『WORLD TAG LEAGUE』中だろうが、『(BEST OF THE)SUPER Jr.』中だろうが、『NEW JAPAN CUP』中だろうがな、存在感で、強さで、カッコよさで、みんなにそれを見せつけてやるんだ。それがチャンピオンってやつだ、この野郎……

内藤哲也選手の「史上最低のタッグリーグ」発言に対して、オカダ・カズチカ選手が真っ向から反論。

EVIL選手以外からの反論は初?

まだ2大会残っていますが、今年はサミ・キャラハン選手、ジェフ・コブ選手などフレッシュな初来日選手に大いに楽しませてもらいました。

オカダ・カズチカ選手の反論、素直に嬉しいです。

永田裕志

永田「(リーグ戦)2勝何敗だっけ?4敗か?5敗?ま、試合結果は残念なあれでしたけどね、俺ならもっと、本来ならば中西学の力強さを出せたはず。それが今回、出し切れなかったのが敗因ですかね。あの男は、脊髄を壊して、その中で復活した人間なんでね。その男が空を飛ぶ。思いっきり受け身を取る。普通あり得ないことを平然とやってのける人間なんで、その本人の強さを一番知ってるのは俺だったから、その強さをぜひ全選手に味わわせたかった。あと一歩だったです。あと一歩でしたよ。中西学はまだまだやる気満々なんでね。一足早く(50代の)大台に乗った年齢になってる中でね、まだまだやる気いっぱいなんで、来年、大台に乗る俺としては、負けじと高い目標を持って頑張っていきますよ。まあ、かなりの惨敗という状態の中で、最後の最後に勝てたっていうのは、やっぱりよかったなと。俺が(ギブアップを)取るんじゃなく、中西学が取った事実が大きい。以上です

なんだか哀愁を感じるコメントですね…

2011年6月4日に中心性脊髄損傷の大怪我を負った中西学選手が、今こうしてリングで闘うということは、それだけでも奇跡的なこと。

中西学選手は来年2018年に満50歳で契約更新を迎えます。

関連:新日本プロレス医事委員会、現役引退の目安について【新日本プロレス・2017年6月】

まだまだ先のことは分かりませんが、一戦一戦、選手たちの闘いをしっかりと目に焼き付けたいと思います。

高橋裕二郎

ペイジ「(※裕二郎に肩を貸して、一緒にコメントスペースにやって来る)また来年だ。そこを目指していこう。また別のツアーで優勝を狙おう
裕二郎「(※英語で)それなら、俺たちのチーム名はどうする?
ペイジ「そうだな。俺たちで考えよう。どういうのがいい?
裕二郎「(※英語で)DICK & BALLはどうだ?
ペイジ「DICK & BALLS?……
裕二郎「(※英語で)そう、DICK & BALL。BALL & DICKの方がいいか?でも発音は“DICK’N BALL”(ディックン・ボール)がいいな
ペイジ「オオ、DICK’N BALLの方がいい感じだな。このツアー、サンキュー。次こそ優勝しよう。アイ・ラブ・ユー

Aブロック最終戦を黒星で終えたハングマン・ペイジ選手と高橋裕二郎選手が、早くも来年のワールドタッグリーグ2018に向けて始動。

二人のタッグチーム名はディックン・ボールに決定。

要するにバットとボール。

ディックン・ボールの結成はいいんですが、ジ・エリートとの関係は大丈夫なのか?

関連:バレットクラブにはまだ不協和音?【新日本プロレス・2017年11月】

これも Being The Elite のネタになるのか、今後の展開をお楽しみに!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

「オカダ・カズチカが内藤哲也に反論、永田が語る中西、ペイジ&裕二郎のチーム名【新日本プロレス 2017.12.8 バックステージコメント】」への2件のフィードバック

  1. なかなかペイジのキャラと言うか、立ち位置が掴みきれなかったので、今後も参戦していって欲しい
    今回の面子で、ヒールとしての存在感アピールは難しかっただろう、ちょっとアホ可愛い系に思えた

    1. コメントありがとうございます!

      私も教員タッグの今後にとても期待しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA