ストロングマンの筋肉が相変わらずで何より


新日本プロレス・中西学選手のかつてのタッグパートナーであるストロングマン選手の筋肉が相変わらずで何よりです!

ストロングマン(ジョン・アンダーセン)選手は、かつて中西選手と「マッスルオーケストラ」というタッグチームで活躍したスーパーヘビー級選手。

中西選手と同時にアルゼンチン・バックブリーカーをかける瞬間は本当に絵になった。

相変わらず素晴らしい筋肉!

44歳の体付きとは思えない仕上がり。

トレーニング中のパンプアップした筋肉も尋常じゃないですね。

中邑真輔選手とYOSHI-HASHI選手によると、ストロングマン選手はゆで卵を殻ごと1日30個程度食べるそうです。

それだけタンパク質を摂ってたら、この筋肉も納得するしかない。

そんなストロングマン選手の豪快な食事シーンが中西ランドで見られるので気になる人はご覧ください。

ゲリラズ・オブ・ディスティニー(タマ・トンガ&タンガ・ロア)やブリスコブラザーズ(ジェイ&マーク)のように動けるヘビー級タッグチームも好きですが、久しぶりにマッスルオーケストラのような超重量級のタッグチームも見てみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)