田中将斗がIWGPインターコンチネンタル初戴冠!【2011.10.10】

【新日本プロレス・振り返りNo.105】

今回は2011年10月10日の田中将斗選手!

スポンサーリンク

IWGPインターコンチネンタル王座戦

×[王者]MVPvs〇 田中将斗
スライディングD

関連:試合動画(新日本プロレスワールド)

2011年10月10日・両国国技館大会、田中将斗選手がIWGPインターコンチネンタル王者のMVP選手に挑戦!

試合前から白熱する両者はベルトと竹刀を振り回して牽制。


(画像:新日本プロレス公式サイト

レッドシューズ海野が二人を分けるが、田中将斗選手が再び竹刀を手にして襲い掛かり試合開始!

まずはMVP選手が体格差で圧倒するも、場外戦で流れが一変。

田中将斗選手が場外テーブル上へのスーパーフライ、さらに割れた机の板で腹部を攻撃。

MVP選手もスープレックスで反撃、場外で立てかけたテーブルにパワーボムを決めるが、テーブルを割ることは出来ず。

リングに戻ると二人は真っ向勝負。

MVP選手は雪崩式ブレーンバスターをを決めると、田中将斗選手はすぐさま立ち上がり背後からスライディングD!

さらにもう1発スライディングD、そしてトドメのスライディングDはMVP選手がイリバーシブルクライシス!

最後は田中将斗選手がスライディングDで勝利、2代目・IWGPインターコンチネンタル王者に輝きました!

田中「ほら見たか!これがよぉ、WWEのスーパースターの甘ちゃん育ちとよ、ECWで気づき上げた、体でモノ言う試合じゃコラ!どうや?どう思うんや?」(引用:新日本プロレス公式サイト

ECWではこういう試合を経てきたわけですから、田中将斗選手から見ればMVP選手もまだまだ甘ちゃん。

WWEネットワークではECW時代の試合もたくさん見れるので、気になる方は MASATO TANAKA で検索!

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA