《追記》棚橋弘至が右膝関節炎で欠場、ヘナーレ「キタムラを叩きのめす」、高橋ヒロムがKUSHIDAを痛烈批判【新日本プロレス 2017.12.7 バックステージコメント】

新日本プロレス・2017年12月7日・WORLD TAG LEAGUE 2017・やまぐちリフレッシュパーク総合体育館大会のバックステージコメントまとめ!

スポンサーリンク

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

棚橋弘至

まずは新日本プロレスより残念なお知らせ。

棚橋弘至選手が右膝の負傷により、12月7日~11日の4大会を欠場すると発表。

現時点で詳しい症状は不明。

追記
MRI検査の結果、関節炎と判明。

MRIを撮って診察。診断は関節炎。膝に水がたまってました。激しい痛みが半月板を損傷したときの症状と似ていたので心配していましたが、半月板は異常なし。治療します。欠場になってしまい、すみません。
— 棚橋弘至 (@tanahashi1_100)
2017年12月8日

12月17日・18日の後楽園ホール2連戦に間に合うのか、そしてレッスルキングダム12に間に合うのか、今後の発表を待ちたいと思います。

ただ気にかかるのは、12月11・福岡大会への来場を予告しているジェイ・ホワイト選手の扱い。

関連:ジェイ・ホワイト、ワールドタッグリーグ2017最終日に登場を示唆【新日本プロレス・2017年12月】

棚橋弘至選手とリング上で対峙する可能性は消えてしまったが、来場するからにはアクションを起こしてもらいたい。

どのユニットに加わるのか、まだどのユニットにも加わらず個人で行動していくのか、まずはジェイ・ホワイト選手の立ち位置が明確になることを期待。

ヘナーレ

ヘナーレ「(※コメントスペースに入るなり、肩を借りていた成田を『もういいから』と突き払ってフロアに座り込む)全敗だ。このタッグリーグ、まだ全敗のままだ。みんな、俺を狙ってくる。ケガして復帰したばかりだし、それは仕方ない。マカベサンと俺は、それでも引かないぞ。こうやって、まだ動けてるんだ。チャンスはあった。だけど、それをものにできなかった。足を狙われようと、背中を狙われようと、決してギブアップしない。もう1試合、チャンスがある。もう1試合。キタムラよ、そこでお前を叩きのめす。いいな

ワールドタッグリーグ2017で真壁刀義選手のパートナーに大抜擢されたヘナーレ選手でしたが、ここまで0勝6敗と全敗。

関連:真壁刀義とヘナーレ【新日本プロレス・2017年11月】

同じく0勝6敗と全敗の北村克哉選手(&デビッド・フィンレー選手)とは、9日・愛媛大会のBブロック最終戦で対戦する。

ヘナーレ選手は先輩の意地を見せることが出来るのか、逆に北村克哉選手は先輩越えをして飛び級を出来るか。

混戦の優勝争いはもちろん、ヤングライオン同士の争いに注目!

高橋ヒロム

ヒロム「ンニャー~!この命、この命……オイ、KUSHIDA、KUSHIDA、テメエだ!なんでいないんだ?なんで会場に来てねえんだ?俺のコメント、読んでねえのか?テメエ、試合が組まれない限り、来ないつもりか?お前が試合組まれたの、いつだっけ?忘れちゃったよ。全然、会ってないからさ。お前の顔すら、もう覚えてないんだよ。俺らさ、同じ日本人だろ?な?東京ドーム大会、俺に向けての、いや、マーティ(スカル)、オスプレイに向けての、何かないのか?お前は会社から言われない限り、コメントも何も、なにもかもやらないつもりか?なにも残さないのか?だからお前は、そこどまりなんだよ。わかるか?だからお前は、そこどまりなんだよ。その位置よか上に行けることなんか、まずないだろ。な?だったらさ、俺がこんなに言ってやってんだよ。明日、来てくれよ。ここ(コメントスペース)。ここに来てくれよ。俺の隣で、面と向かって、言いたいこと言ってくれよ。ま、なにもないんだったらいいよ。何もないんだろ、きっと。構わないよ

12月6日あなたのことを待ってますとコメントした高橋ヒロム選手が、会場に姿を見せなかったKUSHIDA選手を痛烈批判。

12月11日・福岡大会まで前哨戦が組まれていないKUSHIDA選手に対して、本日8日の広島大会に足を運ぶようにとメッセージ。

KUSHIDA選手が会場に来なければ、IWGPジュニアヘビー級王座への思いはその程度か、イッテンヨンにかける思いはその程度かと、高橋ヒロム選手がさらに批判する流れになりそうですね。

この誘いに乗るかどうかはKUSHIDA選手次第ですが、私としては12月11日にリング上で、結果で示してもらいたいと思います!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA