天山「マイワイフ・ネバー・キス・ミー」、高橋ヒロム「KUSHIDA、お前は何やってんだよ?」【新日本プロレス 2017.12.6 バックステージコメント】

新日本プロレス・2017年12月6日・WORLD TAG LEAGUE 2017・佐世保市総合グラウンド体育館大会のバックステージコメントまとめ!

スポンサーリンク

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

天山広吉

天山「(※口を押えながらコメントスペースにやって来て)オーマイガー……すごい柔らかかったね。ベリー・ソフト。フィール・グッド。アア、マイワイフ・ネバー・キス・ミー。ヒー・キス・ミー。オー、テリブル。バット、グッド。アイ・ライク・イット……

ワールドタッグリーグ2017で猛威を振るうサミ・キャラハン選手のキス攻撃。

昨日6日、天山広吉選手もキス攻撃の犠牲になり、バックステージではなぜかカタコトの英語に…

まさに「Kiss of DEATH」=「死のキス」…

#KissOfDeath shirt COMING SOON to Pro Wrestling Tees! Artwork by @digitalarchitect_

Sami Callihanさん(@officialcallihan)がシェアした投稿 –

Kiss of DEATH Tシャツが欲しい方はPro Wrestling Teesへ!

高橋ヒロム

ヒロム「オスプレイ、いやオスプニャ~……オスプレイ?オスプニャ~?……あ、オスプニャ~だ。素晴らしいよ。いやあ、楽しい。やってて楽しいよ。KUSHIDAはさ、いったい何やってんの?楽しい場所にさ、一緒にいれないなんて、かわいそうだよねぇ……。なあ、KUSHIDA、お前は何やってんだよ?なあ、東京ドームまで、もう1カ月を切ってるんだぜ。KUSHIDA、何をやってる?毎日、どこで、何をやってるんだ?いいんだぜ、カードが組まれてなくても、会場に来ることは自由だと思うよ。今、俺のこのコメントしてるスペースに、来てくれよ。いつでもあなたのことを待ってます。俺は、ここに来てくれることを楽しみにしてるぞ、KUSHIDA。俺からのメッセ―ジだよ。まあ、このコメントすら、お前は読んでないかもしれないけど、まあ、できるなら俺のこと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっとぉ~~~~~~!楽しませてくれよ……

高橋ヒロム選手とKUSHIDA選手は、2018年1月4日・レッスルキングダム12・東京ドーム大会でIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦。

関連:新日本プロレス・2018.1.4・レッスルキングダム12・東京ドーム大会の第2弾対戦カード発表!

高橋ヒロム選手はワールドタッグリーグ2017フル参戦の一方、KUSHIDA選手は12月11日・福岡大会まで試合が組まれていない状況。

今回のオフを休養とトレーニングに費やしているKUSHIDA選手はプロレス会場に飢えている状態でリングに上がるとどんな感じか、来週の福岡国際センター大会がたのししみですと、12月11日に照準を合わせている。

高橋ヒロム選手からのここに来てくれることを楽しみにしてるぞというメッセージを受けて、KUSHIDA選手は12月7・8・9日の試合会場に現れるのか。

それともしっかりと12月11日までコンディションを整えて、リング上でオフの成果を見せつけるのか。

いずれにしても、東京ドーム大会に向けて期待感が高まる展開を期待!

今年の新日本プロレスも残り7大会。

高橋ヒロム選手の言う通り、東京ドームまで、もう1カ月を切ってるので、これからはどんどん行動を起こす選手が増えていきそうです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA