KUSHIDAが内藤哲也に3連敗「才能ある連中に囲まれて幸せですよ」【2011.9.21】

【新日本プロレス・振り返りNo.102】

今回は2011年9月21日のKUSHIDA選手と内藤哲也選手!

スポンサーリンク

シングルマッチ

〇 内藤哲也
グロリア
vs× KUSHIDA

2011年9月21日・世界館大会、過去にSMASH.6とNEVER.5で内藤哲也選手に敗北を喫したKUSHIDA選手が、再びNEVERの舞台で対戦。

序盤はメインイベントらしく丁寧な腕の取り合いからスタート。

ロープワークから一気にスピードアップ、内藤哲也選手が低空ドロップキックを決めると、KUSHIDA選手もお返しの低空ドロップキック。

そしてKUSHIDA選手がヘッドシザースホイップでコーナーに激突させると、首4の字固めからの9469、さらに側転からの低空ドロップキック、間髪入れずにその場飛びムーンサルトプレス!

内藤哲也選手も反撃を試みるが、KUSHIDA選手が丸め込み連発、スクールボーイ、逆さ押さえ込み、そして左手を離さずにラ・マヒストラルを決めるもカウント2!

さらにハンドスプリングエルボーからバズソーキックもカウント2で返されてしまうと、とどめのムーンサルトプレスを狙うが、内藤哲也選手が両膝でブロック。

そこからは内藤哲也選手がペースを握ると、水面蹴りからのミサイルキック、そして雪崩式フランケンシュタイナー!

最後は内藤哲也選手が延髄斬りからのジャンピングエルボーアタック、ジャーマンスープレックスホールド、そしてグロリアで勝利!

内藤哲也選手は10月10日のIWGPヘビー級王座初挑戦に弾みをつける勝利になったが、KUSHIDA選手はこの敗戦によりに内藤哲也選手に3連敗。

KUSHIDA「体重も年齢も性別だって、若手だって、ベテランだって、そんなもん関係ないよ。俺は現状に満足することなく、上を目指して行く。今日の闘いは、みんなそうだ。新日本プロレスの選手、みんなそう。レベル高い。常に俺は上を目指し続ける。次を目指し続ける。次はなんだ? そしてIWGP Jr.ヘビー級のベルト、必ずもう1度挑戦する。正直なところ、飯伏(幸太)、(プリンス・)デヴィット、内藤、才能ある連中に囲まれて幸せですよ。抜きがいがありますよ。ありがとうございました」(引用:新日本プロレス公式サイト

ガツガツした、向上心に溢れるKUSHIDA選手、やっぱりプロレスラーはこうでないと!

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA