中邑真輔の最後のIWGPヘビー級王座挑戦の日【2011.9.19・V11への道】

【新日本プロレス・振り返りNo.100】

今回は2011年9月19日の中邑真輔選手と棚橋弘至選手!

スポンサーリンク

IWGPヘビー級王座戦

〇[王者]棚橋弘至ハイフライフロールvs× 中邑真輔

関連:試合動画(新日本プロレスワールド)

2011年9月19日・神戸ワールド記念ホール大会、G1 CLIMAX21優勝者の中邑真輔選手がIWGPヘビー級王座に挑戦!

試合開始から5分以上グラウンドの攻防が続く緊張感のある序盤戦。

そして中邑真輔選手のストンピングから一気にヒートアップ、お互いに打撃を繰り出し合い一歩も引かず。

すると棚橋弘至選手はボマイェ封じのセオリー通りに左膝を集中攻撃、流れを掴んだかに思えたが、中邑真輔選手が脇固めから右腕に狙いを定める。

さらに場外でも中邑真輔選手が圧倒、その勢いのままに膝とキックを叩きこんでいくが、棚橋弘至選手がドラゴンスクリューで反撃。

ダルマ式ジャーマンスープレックスはカウント2で返されるも、中邑真輔選手を場外に落として場外ハイフライフロー!

中邑真輔選手も飛びつき腕ひしぎ逆十字固めを決めると、棚橋弘至選手が押さえ込むがカウント2、しかし中邑真輔選手は腕を離さずに極め切ろうとすると、今度は棚橋弘至選手がテキサスクローバーホールド!

一進一退の攻防が続き、序盤からお互いがダメージを与えてきた左膝、右腕に攻撃を加えると、棚橋弘至選手がタイガースープレックス、中邑真輔選手が後頭部へのボマイェを決めて両者ダウン!

そして中邑真輔選手がフロントネックロックからのリバースパワースラム、とどめのボマイェを狙うが、棚橋弘至選手が両腕でブロック。

そしてスリングブレイドから変型ファルコンアローを決めて、ハイフライフローを狙うが、今度は中邑真輔選手が両膝でブロック。

中邑真輔選手は膝蹴り連発から顔面パンチ、しかしランドスライドは棚橋弘至選手が空中でスリングブレイド、そしてもう一度スリングブレイド!

最後はドラゴンスープレックスホールド、背中へのハイフライフロー、そしてもう一度背中にハイフライフローを決めてからエビ固めで丸め込むハイフライフロールで勝利!

棚橋弘至選手が王座防衛、V7を達成!

―過去最高のシュチュエーションで、棚橋選手とのライバル対決だったと思いますが?
中邑「シュチュエーションだろうが、なんだろうが、関係ないね。俺はいつもIWGPは特別だと思って闘ってきた。一度たりとも、なにかより上、なにかより下、気分で変わるもんじゃない。な、またしてもIWGP戦、負けただろうよ。相手が棚橋かどうか、関係ない。ベルトを持つ相手、ベルトを巻く相手、それが“戦うべき相手”だ。まだまだ、目指す俺には、程遠いってことでしょう」(引用:新日本プロレス公式サイト

この後、中邑真輔選手はIWGPインターコンチネンタル王座戦線に加わり、さらに後に新日本プロレスを退団してWWEに入団することとなる。

現時点では、2011年9月19日が中邑真輔にとって最後のIWGPヘビー級王座挑戦の日。

いつかまた…

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA