KUSHIDAとプリンス・デヴィットのIWGPジュニア王座決定戦!【2011.9.19】

【新日本プロレス・振り返りNo.97】

今回は2011年9月19日のKUSHIDA選手!

スポンサーリンク

IWGPジュニアヘビー級王座決定戦

〇 プリンス・
デヴィット
ブラディサンデー

vs

× KUSHIDA

関連:試合動画(新日本プロレスワールド)

2011年9月19日・神戸ワールド記念ホール大会、飯伏幸太選手が左肩脱臼のためIWGPジュニアヘビー級王座を返上。

急きょ挑戦者のKUSHIDA選手と前王者のプリンス・デヴィット選手によるIWGPジュニアヘビー級王座決定戦が行われました!

リングサイドで飯伏幸太選手が見守るなか、KUSHIDA選手が奇襲、ハンドスプリングエルボーからトペコンヒーロ、さらにスワンダイブ式前方回転エビ固めはカウント2!

リング上の攻防に戻ると、前王者が意地を見せるようにグラウンドで圧倒して試合が進む。

再び場外戦になると、プリンス・デヴィット選手が飯伏幸太選手の座るテーブルから場外マットにブレーンバスター!

優位に試合を進めるプリンス・デヴィット選手だが、KUSHIDA選手も丸め込みやムーンサルトプレスで反撃。

そしてKUSHIDA選手は背後から、正面からランニングエルボー、そして起き上がったプリンス・デヴィット選手に渾身のエルボーで気迫を見せる。

さらにバズソーキックからミッドナイトエクスプレスを狙うも、膝でブロックされてしまう。

最後はプリンス・デヴィット選手が垂直落下式ブレーンバスター、後頭部へのダイビングフットスタンプ、そしてブラディサンデーで勝利、再びIWGPジュニアヘビー級王座を獲得!

試合後、敗れたKUSHIDA選手と不本意な王座返上となった飯伏幸太選手がお互いを意識したコメント。

KUSHIDA「完敗っすね。叩き潰されました。神戸のお客さんの後押しで、デヴィットを追い込めたんですけどね。自分の出力不足です、単純に。あークソ!4月に入団して、“生え抜き”だとか、“途中入団”とか、はっきり言ってそんな言葉に甘えてられるほど、甘くないですよ、このリングは。僕のプロレスラーとしての信念は『現状で満足するな、今よりもっと上を目指せ』。この新日本のリングじゃそんなヤツ1人もいないし、俺はそれを自分の信念でここまでやってきたから。その信念のために、頂点であるIWGPジュニア、必ず、必ず、もう一度挑戦して、ベルト獲ります。あと、飯伏幸太、どんな手を使ってでも、アイツにもう2度と新日本のIWGPのベルトは手に入れさせない。また、今より今日より明日、自分の成長できるように、頑張ります
(中略)
―当初の相手、KUSHIDA選手に関しては?
飯伏「正直、今日の試合にはビックリしましたね。表情とかもの凄くて。ボクの中では最高によかった。KUSHIDA選手ともやりたいですし。今日はどっちが勝ってもおかしくなかったというか。KUSHIDA選手には『SUPER Jr.』で負けてるんで、そのリベンジをしたいんで」(引用:新日本プロレス公式サイト

明日は二人の初対談、楽しみ過ぎる!

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA