棚橋弘至が飯伏幸太の「神」になった試合【2011.7.18・V11への道】

【新日本プロレス・振り返りNo.85】

今回は2011年7月18日の棚橋弘至選手!

スポンサーリンク

IWGPヘビー級王座戦

〇[王者]棚橋弘至ダルマ式ジャーマンスープレックス
ホールド

vs

× ジャイアント・

バーナード

関連:試合動画(新日本プロレスワールド)

2011年7月18日・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ大会、棚橋弘至選手の6度目の防衛戦の相手はジャイアント・バーナード選手!

2006年に愛してますが生まれた場所と同じ北海道の地で、同じジャイアント・バーナード選手とIWGPヘビー級王座を賭けて対戦するという感慨深いシチュエーション。

序盤は棚橋弘至選手が丁寧なグラウンドの攻防で上回るも、ジャイアント・バーナード選手が膝への低空ドロップキックで形勢逆転。

そのままパワーで圧倒するジャイアント・バーナード選手に対して、棚橋弘至選手もドラゴンスクリュー、テキサスクローバーホールド、スリングブレイドで反撃するが、バーナードボムを食らってしまう。

さらにスピニングパンケーキ、ジャンピングボディプレス、そしてもう1度バーナードボムを食らうが、棚橋弘至選手は意地でカウント3だけは許さず。

そしてバーナードドライバーをスリングブレイドで返すと、グラウンドドラゴンスクリューから背中へのハイフライフロー、そして正調ハイフライフローを決めるもカウント2!

最後はジャーマンスープレックスホールド、そしてダルマ式ジャーマンスープレックスホールドで投げ切って勝利!

棚橋弘至選手がV6を達成!

試合後、ジャイアント・バーナード選手は新日本プロレスリング!イチバーン!タナハシ!イチバーン!と健闘を称え、棚橋弘至選手が北海道の皆さーん!愛してまーす!と締めくくった。

そして、この試合を会場で見ていた飯伏幸太選手は後にこう語る。

以前は正直そこまで思ったことはなかったです。『すごいな』『輝いてるな』と思ってるくらいで。きっかけは2011年のバーナード戦(7・18札幌で王者棚橋のIWGPヘビーV6戦)。棚橋さんはそれまでもタイトルマッチですごくいい試合をしてたんですけど、こんなに毎回、いい試合してまた今日も会場が爆発してる。『これは神だな…』って」(引用:週刊プロレス No.1930)

この頃から飯伏幸太選手は棚橋弘至選手を「神」と呼ぶようになり、今年2017年のG1CLIMAX27での「カミゴェ」誕生に繋がっていく。

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA