新日本プロレス バックステージコメント 2017.11.18【高橋ヒロムのカウントダウン、後藤洋央紀がNEVER挑戦表明】

新日本プロレス・2017年11月18日・WORLD TAG LEAGUE 2017・後楽園ホール大会のバックステージコメントまとめ!

スポンサーリンク

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

高橋ヒロム

ヒロム「1.4東京ドーム!テメェら絶対に…。それよりみんなオレのツイッターでカウントダウンしてるの気づいてくれた?気づいてメッセージしてくれているの何人かいるよね。みんなにとって、彼らにとってものすごくハッピーなことなんだ。お祝いしてやってくれよ。オレの誕生日?そんなんじゃないから安心してよ。みんなと彼らにとってハッピーなことだから楽しみに待っていてよ。オレのことをもっと!もっと!もっと!もっと!もっと!もっと~!!楽しませてくれよ

高橋ヒロム選手はツイッターで「#●●daysleft」(残り●●日)というハッシュタグを付けてカウントダウンを行っている。

その日時は12月4日で高橋ヒロム選手の誕生日となっているが、本人曰くそんなんじゃないとのこと。

彼らにとってものすごくハッピーという言葉で思いつくのは、髙橋ダリルと高橋キャロルの結婚。

関連:髙橋ダリル、結婚【新日本プロレス・2017年10月】

12月4日の新日本プロレスはオフ日となっているので、高橋ヒロム選手が何かしらの行動を起こすかもしれない。

12月4日は高橋ヒロム選手のツイッター、インスタグラムから目が離せません!

後藤洋央紀

後藤「初戦からいい連携もあったでしょ。アレはデカいよ。このタッグリーグ、まだまだ二人で考えたものがあるんで、それを出し切れれば、優勝はさらに近くなると思う。それから鈴木みのる! 改めてNEVER王座に宣戦布告だ。俺も半端な覚悟で、NEVERの名前、口に出してないから。鈴木みのるが強いのは、誰でも知ってるよ。あんな反則しなくても、あんな介入なくても、強いのは分かってる。…いや、それがない方がもっと強いかもな。その最高に強い鈴木みのるを、俺は倒したいんだ。それによってNEVERの価値もまた上がるってもんだ。アイツから『やる』って言わせてやるから。今シリーズも当たること何回かあるけど、一戦一戦、そのつもりで俺はブチ当たっていくから

後藤洋央紀選手は11月5日・大阪大会でNEVER無差別級王座への挑戦表明を拒否されていたが、チャンピオンから直接勝利したことで再びNEVER無差別級王座に挑戦表明!

ここから約3週間のツアーの間にチャンピオンの口からタイトルマッチをやると言わせて、2018年1月4日・レッスルキングダム12・東京ドーム大会で実現なるか注目。

後藤洋央紀選手にはNEVER無差別級王座のベルトをしっかりと取り戻してもらいたいと思います。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA