真壁刀義と矢野通の抗争の前にG・B・Hの歴史を簡単に振り返る


新日本プロレス 2016.10.10 KING OF PRO-WRESTLING 両国国技館で生まれた、真壁刀義選手と矢野通選手の抗争の前にG・B・Hの歴史を簡単に振り返ろう!

  • G・B・H(ジー・ビー・エイチ)は、Great Bash Heel(グレート・バッシュ・ヒール=最も偉大で凶悪なヒール)の略。
  • 2006年、天山広吉選手が越中詩郎選手、真壁選手と結成、そして矢野選手、石井智宏選手が加入。
  • 2007年、越中選手が離脱、邪道選手・外道選手が加入。
  • 2008年、天山選手が追放され、飯塚高史選手が加入。
  • 同年、カール・アンダーソン選手、ジャイアント・バーナード選手が加入。
  • 2009年、矢野選手が裏切りCHAOSを結成、ほとんどメンバーが離脱し、G・B・Hは真壁選手と本間選手の2人のみになった。
  • 2012年本間選手が新日本プロレスから契約解除となったが、真壁選手はG・B・Hを解散することなく活動を続けた。
  • 2013年にタッグ復活、現在に至る。


私はG・B・Hがヒールユニットとして猛威を振るっていた時期を知らないが、恐い真壁選手が復活すると思うとワクワクします!

しかし改めて過去の所属メンバーを見ると、今のCHAOSの基礎を作り上げたのは真壁選手と言えるかもしれない。

真壁刀義 「よく聞けよ、オイ! 矢野さんよお!ケンカ売った相手が悪かったなコノヤロ~!てめえベルト持ってんだろ?持ってんだろコノヤロ~!テメーらの持ってるベルト、相手ほしいだろ!すげえ相手ほしいだろ!挑戦表明してやるよ!お前らの時代にするかしないかは(胸を指して)こっち次第だ!こっちがなきゃそれまでだコノヤロウ!俺が一番怖いのはお前が一番よく分かってるはずだ!ただじゃすまさねえ、それだけだ!」(引用:新日本プロレス公式サイトより)

GHCタッグ王座に狙いを定めたようなので、この闘いはプロレスリング・ノアのリングで行われることが予想される。

G・B・HとCHAOS、第三世代とノア、柴田勝頼選手と潮崎豪選手、10.10 両国は続きの気になる要素が多く、非常に充実した大会でした。

新日本プロレスとノアの境界線がどんどん交わりつつあるのは気になりますが、新しい火種は大歓迎。

真壁選手と矢野選手の間に10年以上の歴史があったということを知ると、今後の抗争により感情移入できるようになると思います。

最近ファンになった人が、少しでも過去を知ろうとするキッカケになれば嬉しいです。

プロレスファン初心者で、何か気になることがある人がいたら、コメントでもtwitterでも良いので、是非あなたの気になることを教えて下さい!

私もまだまだ知らないことがたくさんあるので、時間があれば色々な事を調べてまとめてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)