新日本プロレス BONE SOLDIER

BONE SOLDIERがキャプテン・ニュージャパンと同一人物とは思えない


新日本プロレスに初登場したバレットクラブの ボーン・ソルジャー選手がキャプテン・ニュージャパン選手と同一人物とは思えないのでご紹介!

NEW JAPAN ROAD ~がんばろう!UONUMA 2016~
2016.10.8 新潟県・魚沼市堀之内体育館
第3試合
田口隆祐&ジュース・ロビンソン& ◯ ヨシタツ 反則 ※コールのレフェリー暴行
vs
× BONE SOLDIER&高橋裕二郎&アダム・コール

SOLDIER 「ヨシタツ? いい気味だろ。散々、人をダシに使ってくれてな。いい気味だよ。もういいよな。スーパーヒーローなんて、もういいんだよ。BULLET CLUBの仲間が私を迎え入れてくれたじゃないか。ヨシタツ、HUNTER CLUBなんだろ? ハントしてくれよ、ハント。できるものならな」(引用:新日本プロレス公式サイトより)

第一印象、マスクがカッコいい!

コスチュームはまだ開発中かもしれないが、スタイリッシュなコスチュームよりもこれくらいシンプルな方が合っている。

なんならジーンズで試合をするのもいいんではないでしょうか。

しかし体型も以前からはすっかり変わり、キャプテン・ニュージャパン選手と同一人物とは思えない。

さらにデビュー戦から反則負けという、絵に描いたようなヒールぶり。

さんざんキャプテン選手はバレットクラブに入ってもダメだと言ってきたが、これは得意の手のひら返しをせざるを得ない。

どう略したらいいのかわからないが、ボンソル選手には飯塚高史選手不在の穴を埋めるべく、今後も反則負け上等のヒールとして、新日本プロレスに新たな風を吹かせて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)