棚橋弘至、V3!【2011.5.3・V11への道】

【新日本プロレス・振り返りNo.72】

今回は2011年5月3日の棚橋弘至選手と中邑真輔選手!

スポンサーリンク

IWGPヘビー級王座戦

〇[王者]棚橋弘至ハイフライフローvs× 中邑真輔

関連:試合動画(新日本プロレスワールド)

2011年5月3日・福岡国際センター大会、棚橋弘至選手の3度目の防衛戦の相手は中邑真輔選手!

じっくりした攻防から始まると、棚橋弘至選手がロープブレイク際に張り手を放ち、両者がヒートアップ。

中邑真輔選手の厳しい打撃に対して、棚橋弘至選手も膝殺しで応戦。

棚橋弘至選手はテキサスクローバーホールド、ダルマ式ジャーマンスープレックスでも決められず、中邑真輔選手も後頭部へのボマイェ、腕ひしぎ逆十字を決めるも決着はつかず。

最後はジャンピングボマイェを棚橋弘至選手がドロップキックで迎撃し、ボディアタック式ハイフライフローからの正調ハイフライフローで勝利!

棚橋弘至選手がV3を達成!

もちろん最後は愛してまーす!でハッピーエンドかと思いきや、2度目のメキシコ遠征から帰国した後藤洋央紀選手が挑戦表明のヘッドバット!

ブーイングに包まれる会場だったが、バックステージからもう1度 愛してまーす!と叫んでハッピーエンドで幕を閉じた。

そして敗れた中邑真輔選手は、5月下旬から人生の転機となるメキシコ遠征へ行くこととなる。

中邑「何度も同じこと、言わしてもらおうか。いいんだろ、また立ち上がれば。悪いけど、折れないんでね。折れないんで、俺の心は。こんなクネクネしてるんでね。近いようで遠い、近いようで遠いIWGP。前向いてれば、いつも傍までやって来る。だがそれを抱く事は、今の俺には出来ないみたいだね。また帰ってくるよ、タイトルマッチ」 (引用:新日本プロレス公式サイト

中邑真輔選手にとって近いようで遠いIWGPヘビー級王座のベルト、いつかまたそれを抱く事が出来る日はやって来るのだろうか…?

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA