新日本プロレス バックステージコメント 2017.11.1【KUSHIDA、棚橋弘至、高橋ヒロムの次、内藤哲也のX】

新日本プロレス・2017年11月1日・Road to POWER STRUGGLE・さいたま市記念総合体育館大会のバックステージコメントまとめ!

スポンサーリンク

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

KUSHIDA

KUSHIDA「会場の大きさ、お客さんの数の多さ少なさでレスラーのテンションが上がったり下がったり?それじゃあ、まだまだ川人、修行が足りない。まあ、彼もいずれ、草木が太陽に向かって伸びるように、旅人が海を渡るように、プロレスラーたる者、海外遠征に行くんでしょうけど。自分に生え抜きであるというプライドを持つこと、凄くレスラーとして大事。でも、海外の団体で、新日本という名前があるから試合を組むというレベルじゃなくて。彼も言ってましたけど、IWGPジュニアタッグ、IWGPジュニアヘビー、IWGPと名の付くベルトに挑戦できる男、もしくは取れる男。そこまで海外に行く前に、俺がアイツを男にしてやりたいですね

まずは新日本プロレス生え抜きを意識したコメントを残すYOH選手を牽制するコメント。

テンプラボーイズとしてROHでほぼ毎月コンスタントに試合に出場していたが、もし新日本プロレスという看板がなかったら…と暗に言っているような気もする。

この抗争は今後もずっと続いていきそうですね。

そして、川人拓来選手を海外遠征出発前にベルト戦線に絡めるようにしてやりたいとコメント。

KUSHIDA選手の「まだまだやりかけの仕事」も気になりますが、1世代上のSHO選手&YOH選手の凱旋帰国により、川人拓来選手の海外遠征が近づいてきているのも事実。

その日が来るまでに、KUSHIDA選手がどこまで川人拓来選手を引っ張り上げてくれるのか期待したい。

棚橋弘至

棚橋「いろいろ飯伏には伝えました。伝わってるかどうかはさておき、言いました。言いましたが、それはあくまで俺が思い描く階段の上がり方であって。飯伏は飯伏らしく、自由に上がっていけたら、また一つ時代が動くのかもしれない。ただ、俺は全部自分の言葉に責任を持って生きてますから。俺が言ったことが正しいと証明してみせます

IWGPインターコンチネンタル王者の棚橋弘至選手は、ここまでの前哨戦で挑戦者の飯伏幸太選手に対して、期待を込めて厳しい言葉を投げかけてきた。

飯伏幸太選手は真っ向から反論することはなく、棚橋弘至選手の発言を受け入れる部分もあれば、受け入れない部分もあり、これ以上何を出せばいいんですかね?と混乱気味。

どんな相手との対戦でもしっかり対立構造を求めるのが棚橋弘至選手のプロレスだが、今回のインターコンチネンタル王座戦の前哨戦は二人の対立を明確にしきれなかった感が否めない。

棚橋弘至選手の思い描くプロレス、飯伏幸太選手の飯伏らしく、自由なプロレス、どちらが正しく、どちらが間違っているとは言えない以上、大阪のリング上で証明するしかありませんね。

スポンサーリンク

高橋ヒロム、内藤哲也

ヒロム「いやあ、強かったよ。3K、強かったわ。強かったけどさ、このままじゃ終わんねえよ。俺とBUSHIさんはさ、このままじゃ終わらないから。大丈夫、みんな安心して。安心して、終わらないから。終わらせないから。あの二人を倒すまでは絶対に。いや、あのベルトを、IWGPジュニアタッグを取るまでは終わらないから安心してよ、みんな。俺はさ、もう次見てるんだよ。もう、次だよ。この前の負け、それは悔しかった。悔しかったけどさ、やっぱレスラーだったら常に上を。そして、次を見ないとカッコ悪いでしょ? 大丈夫、安心して。みんなが求めてること、わかってるよ。
(中略)
内藤「『WORLD TAG LEAGUE』に関して、EVILがコメントしてたね? SANADAを従えて出場する、と。俺の中でEVILと組むのもありだったし、SANADAと組むのもありだったけどね。EVILがそういうんだったら、俺は素直に“X”と今回の『WORLD TAG LEAGUE』、組みますよ。

高橋ヒロム選手は、10月30日のスーパージュニアタッグトーナメント2017準決勝で敗退。

まだIWGPジュニアタッグ王座は諦めていないものの、すでにを見ているとコメント。

もうはこれ以外ないですよね!

The “NEW” #IWGPJrHeavyWeightChampion #WilOspreay !! #njpw #njpwworld

NJPW【official】さん(@njpw1972)がシェアした投稿 –

ウィル・オスプレイ選手が保持するIWGPジュニアヘビー級王座のベルト。

9月、10月と挑戦表明のためにリングに上がるも、ことごとく邪魔をされてきた。

こそは誰にも邪魔させることなく挑戦表明が出来るように願っています。

そしてメキシコからパートナーを連れて来ると示唆していた内藤哲也選手が、EVIL選手の主張を尊重して、今年もパートナーXと組んでワールドタッグリーグ参戦を明言。

関連:内藤哲也のタッグパートナーは「パレハ」?「アミーゴ」?【新日本プロレス・2017年11月】

今年のXは一体誰なのか、ワールドタッグリーグ2017開幕までの約2週間、皆さんも想像をめぐらせてお楽しみください!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA