新日本プロレス バックステージコメント 2017.10.29【ジュース、バレッタとケニー、KUSHIDA、ヒロム】

新日本プロレス・2017年10月29日・Road to POWER STRUGGLE・後楽園ホール大会のバックステージコメントまとめ!

スポンサーリンク

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

ジュース・ロビンソン

ジュース「WORLD TAG LEAGUEのサプライズ、俺のパートナーはみんながまだ見たことのない選手になるだろう。これから数週間、誰が俺のパートナーになるのか、せいぜい言い当てて過ごしてくれればいいと思うよ。WORLD TAG LEAGUEをお楽しみに。ネタバレはしないよ!

ワールドタッグリーグ2017にサプライズパートナーを予告していたジュース・ロビンソン選手の口から、みんながまだ見たことのない選手というヒントが飛び出しました。

この場合のみんなが新日本プロレスファンを指していると考えると、おそらくサプライズパートナーはまだ新日本プロレス参戦経験のない選手になりそうですね。

サミ・キャラハン選手か?

それともジェフ・コブ選手か?

予想を裏切るようなサプライズに期待しています!

ケニー・オメガ

ケニー「あれは酷かっただろ。俺に金的をしてくるなんて。男のアノ部分が、どれだけか弱いものか、アイツも分かっているはずなのに。でも、バレッタ。オマエのことは今まで一度もチャレンジャーとして、頭の中をよぎったことはなかったけれど、今日オマエが俺の仲間に対して、仲間のおまたにしたことを考えたなら、オマエはチャンスを得たのかもしれない。オマエが望んでいることを、俺も受けて立ってやろうじゃないか。オマエを挑戦者として受け付けてやる。そして、なぜ俺が挑戦者としてオマエを受け付けるか。それは、まだ東京ドームまで時間があるからだ。その時間を潰すためにも、バレッタとの試合は良いんじゃないか。そして、東京ドームで俺は究極のチャンピオンになる。ただ、バレッタにとっては、ヘビー級でどれだけのことができるのか、良い試練になるだろう。オマエがヘビー級のメジャーリーグで活躍できるのか、それとも、ジュニア時代のように中途半端で終わるのか。それはこの試合にかかっているかもしれないな。スカルもタイトルマッチが待っているな

IWGP US王者のケニー・オメガ選手が、バレッタ選手からの挑戦表明を受諾。

挑戦受諾とともに、バレッタ選手と同じくジュニアからヘビー級に転向した外国人選手の先輩として厳しい言葉を残した。

ヘビー級転向から一気にIWGPインターコンチネンタル王座を獲得したケニー・オメガ選手と比較するのは酷ですが、二人のタイトルマッチならコイツはこんな事も出来たのか?と驚くシーンがたくさん見れると思います。

関連:バレッタのヘビー級挑戦への意気込み

今更ですが、やっぱりロッキー・ロメロ選手はバレッタ選手のマネージャーに就いてもらいたいな…

スポンサーリンク

KUSHIDA

KUSHIDA「川人の成長ぶり、どうでしょう。こないだの後楽園から、さらに成長したんじゃないでしょうか。昨日より今日、今日より明日、その姿を見てると、俺もまだまだやりかけの仕事があるから、それにいよいよ取りかかろうと思います

KUSHIDA選手のやりかけの仕事とは何か?

NEVER無差別級王座のベルト?

石井智宏選手?

関連:KUSHIDA「タイム・スプリッターズ復活」「石井智宏にリベンジ」「シングルで対戦したい相手」【ROH・2017年9月】

ROH世界TV王座を失い、IWGPジュニアヘビー級王座を失って身軽になった今だからこそ可能なチャレンジをして欲しい!

個人的にはヘビー級の選手、例えば棚橋弘至選手と組んでIWGPタッグ王座挑戦を希望!

高橋ヒロム

ちゃんともらったよ。汗であんまりよく見えねぇけどよ。ヤツのサインだ。ちょっと血がくっついてんだろ。これがサインだ。明日、10月30日後楽園ホール。IWGPジュニアタッグ選手権。これで決定だ。誰も文句はねぇだろ。ちゃんとここにサインが書いてあるんだ。

高橋ヒロム選手は、昨日の前哨戦で自作のIWGPジュニアタッグ王座戦の調印書を用意。

放送ではハッキリと見えなかったが、空欄だったロッポンギ3Kのサインの部分に(署名はないが)血判をもらったとのこと。

真偽は定かではないが、こうして次々に話題提供し続ける姿勢には脱帽。

逆にロッポンギ3Kは、このまま高橋ヒロム選手に存在感で食われてしまっては、凱旋帰国で生み出した期待感が失速してしまう。

また全日本プロレスデビューのBUSHI選手も、YOH選手の「生え抜きで新日本プロレスを引っ張っていく」発言に噛みついており、生え抜き・外様を巡る抗争も白熱していく予感。

凱旋帰国後、即チャンピオンに輝いたロッポンギ3Kだが、まだまだ越えていかなければならない壁は多いようだ…

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA