内藤哲也が夢の広島東洋カープ戦の始球式に登場も右肩を負傷中?

新日本プロレス・内藤哲也選手が2017年8月27日の広島東洋カープvs中日ドラゴンズ戦で始球式に登場!

スポンサーリンク

内藤哲也選手が広島東洋カープ戦の始球式に登場!

カープの本拠地で始球式という長年の夢を叶えた内藤哲也選手はとても良い表情でしたが、少しだけ気になる点が…

投球は左打者の内角高めに大きく外れたが「プロレスのデビュー戦と同じように、緊張よりも気持ちがいいという思いのほうが大きかった。『もっと見てくれ』という感じ」と注目を集めたひと時を振り返った。
鯉党を公言しており「待ちに待った始球式。マツダスタジアムでカープの試合でしかやらないと決めていた」。“本業”で右肩を痛めていたものの、元野球少年の血が騒がないわけがなかった。完全にボール球。次はカウント1-0の2球目から。3回ストライクが入るまでやらせてもらう」と勝手に“次回”を決定。リング外でも制御不能ぶりは変わらない。(引用:東スポWeb

どうやら現在の内藤哲也選手は右肩負傷中のようです、始球式でボールがインコースの危ない所に飛んでしまったのも怪我の影響か?

G1 CLIMAX27で負傷したのか、ROH遠征(8月18日19日20日)したのかは不明ですが、来週9月5日から始まるRoad to DESTRUCTIONまでに影響が出ないように回復する事を願っています。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA