ウィル・オスプレイのニュージーランド・オーストラリア進出

新日本プロレス・G1 CLIMAX27期間中のウィル・オスプレイ選手のニュージーランド・オーストラリア進出についてご紹介。

スポンサーリンク

G1 CLIMAX27で試合が組まれていないウィル・オスプレイ選手は、ニュージーランドのプロレス団体「サザン・プロレスリング・ニュージーランド」(SPW=Southern Pro Wrestling NZ)、オーストラリアの「プロレスリング・オーストラリア」(PWA=Pro Wrestling Australia)「メルボルン・シティ・レスリング」(MCW=Melbourne City Wrestling)に出場。

試合以外にトレーニングセミナーで講師も!

“So what do you teach your students, because you’ve gotta cater to all shapes & sizes?” Me:……

willospreayさん(@willospreay)がシェアした投稿 –

そしてPWAヘビー級王者、MCWインターコンチネンタル王者に輝いたウィル・オスプレイ選手は、今後もニュージーランド、オーストラリアで闘いたいとコメント。

As I sit here in my hotel room absolutely battered, carrying my Mrs cos her knee is blown out. I can’t help but feel what I’m doing feels so right down here. I have literally had 3 of the best matches of my life (including my stuff with NJPW) with Shane Sinclair at @spwrestlingnz. With Robbie Eagles in @pwaaustralia & now with Adam Brooks at @mcitywrestling. Ive never been more emotionally connected with wrestling than I have been in the last few weeks. I’ve had some REAL moments backstage with all the guys and it’s really touch my heart. So this is no work. No cheap pop. No hot air. I will have to put NJPW/ROH as priority as that’s my contract. But I wanna help lead an army of Kiwis & Aussies so they can have the success the British guys have had, they need a guy with eyes. That’s what I’m here for. I carry the flag and stand on the frontline but I’ll do it side by side with in my mind some of the best pro wrestlers on the planet. 🇦🇺🇳🇿🇬🇧 #TheCommonWealthKing

willospreayさん(@willospreay)がシェアした投稿 –

俺の人生なかで3つの最高の試合(新日本プロレスも含めて)が、SPWでのシェイン・シンクレア戦、PWAでのロビー・イーグル戦、そしてMCWでのアダム・ブルックス戦だった。
この数週間はかつてないほど心でレスリングと繋がっていた。バックステージでみんなとリアルな時間を過ごし、本当に感動した。
これはワークでもない、チープポップ(盛り上げようとするためのコメント)でもない、でたらめでもない。契約があるので、新日本プロレスとROHを最優先にする必要がある。だがイギリス人選手たちが掴んだような成功を、大勢のニュージーランド、オーストラリア人選手たちが掴めるように、彼らをリードしていくのを手伝いたい、彼らには見識のある人間が必要だ。それこそが俺がここにいる理由だ。俺が最前線に立って旗を振るが、並行して世界最高のプロレスラーたちとも闘っていく。

ニュージーランド、オーストラリアのレスリング・シーンを非常に気に入った様子。

新日本プロレス・ROHで最高の選手たちと闘いながら、並行してニュージーランドやオーストラリアの選手たちをサポートしていく、結構ハードな目標ですね。

ただ新日本プロレスも含めてということは、ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア初出場初優勝よりも、IWGPジュニアヘビー級王座挑戦よりも、今年のBOSJ決勝よりも良い試合だったということですよね、そう言われてしまうのはちょっと複雑…

もちろん今後も新日本プロレスとROHのブッキングを優先することに変わりはありませんが、ウィル・オスプレイ選手のニュージーランド・オーストラリア進出が増えていくかもしれません。

ケニー・オメガ選手にレインメーカーって、ちょっと期待させ過ぎな気もしますが…

どこまで本気なのかは分かりませんが、新日本プロレスはバッドラック・ファレ選手をはじめ、ニュージーランドとのコネクションも強い。

2018年はアメリカ進出が加速するのはもちろん、アメリカより時差が少ないオセアニア地域進出も、ウィル・オスプレイ選手という意外な人物が中心になって加速していくかもしれない。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA