棚橋弘至、インターコンチネンタルのベルトを修復【新日本プロレス・2017年6月】

新日本プロレスの棚橋弘至選手がIWGPインターコンチネンタル王座のベルトを”修復”!

スポンサーリンク

昨日の移動日、棚橋弘至選手が壊れていたIWGPインターコンチネンタル王座のベルトをDIY!

以前と見比べると一目瞭然!

皮をペンキで真っ白に塗り直し、外れていたバックル部分も修復。

バックルもキレイなのはピカールのおかげかな?

ベルト磨きはピカールとKUSHIDAにお任せください😎

KUSHIDAさん(@kushida_ts)がシェアした投稿 –

あえて”新調”ではなく”修復”を選んだのが棚橋選手らしい選択。

棚橋選手の手によって修復されたベルトは今夜の後楽園ホール大会でお披露目。

棚橋選手の腰に巻かれた美しいベルトをお楽しみに!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA