オカダ・カズチカvsケニー・オメガ戦に対する同僚の声

新日本プロレス 2017.6.11 DOMINION 大阪城ホール大会のIWGPヘビー級王座戦に対する同僚であるプロレスラーの声をご紹介。

スポンサーリンク

本日のIWGPヘビー級王座戦は60分時間切れ引き分け。

ドローのため王座防衛となりました。

60分間フルタイムを闘い抜いたオカダ・カズチカ選手とケニー・オメガ選手に対する、同じく新日本プロレスで闘う同僚のプロレスラーの声をまとめました。

バレットクラブ

マット・ジャクソン「ドームより良い試合

ニック・ジャクソン「もうひとつの6つ星マッチ

タマ・トンガ「ケニー…まさしくベストバウトマシーンだ

CHAOS

ウィル・オスプレイ「俺は何を見ているんだ!!!」「信じられない」「60分!!!これはとてつもない試合だ

ロッキー・ロメロ「くそ…今見た物を表す適切な絵文字がない

仲間からは当然高評価。

同ユニット以外に、本隊のウォーマシン(レイモンド・ロウ&ハンソン)、リコシェ選手、ジュース・ロビンソン選手も反応。

個人的に好きなのはマイケル・エルガン選手のコメント。

マイケル・エルガン「本当に素晴らしい、新日本プロレスは世界一のプロダクトだ。ああいう試合を見ると、より一層チャンピオンシップが欲しくなる

あの試合を見て燃えているのはマイケル・エルガン選手だけではないはず。

1万人以上の観客の前で、60分フルタイムの試合が俺に出来るのか、俺ならどう闘うのかなんて考えたりしているのかな。

おそらく私には見えていない物が見えているんだろうなと思うと、もっと”プロレスラー”の意見を聞いてみたいですね。

そろそろ”充電”したい!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA