新日本プロレス 試合結果 2017.6.11 ドミニオン 大阪城ホール

新日本プロレス 2017.6.11 DOMINION 大阪城ホール大会の試合結果、動画のまとめ!

スポンサーリンク

オープニングVTR

第0試合

〇 デビッド・フィンレー
プリマノクタ

vs

川人拓来
岡倫之北村克哉
海野翔太× 八木哲大

第1試合

〇 真壁刀義
キングコングニードロップ

vs

天山広吉
永田裕志小島聡
タイガーマスクW× 中西学
タイガーマスク獣神サンダー・ライガー

第2試合 NEVER無差別級6人タッグ王座戦(ガントレットマッチ、入場順未定)

[王者組]SANADAvs× 田口隆祐
EVILジュース・ロビンソン
〇 BUSHI
エムエックス
リコシェ
vs石井智宏
矢野通
YOSHI-HASHI
vsバッドラック・ファレ
ハングマン・ペイジ
高橋裕二郎
vsザック・セイバーJr
金丸義信
タイチ

BULLET CLUB(バッドラック・ファレ組)対CHAOS(石井智宏組)でスタート!

矢野通選手がハングマン・ペイジ選手と高橋裕二郎選手に634(二人同時の金的攻撃)、CHAOSが勝利!

3番手チームは鈴木軍(ザック・セイバーJr組)!

矢野通選手が再び634を狙うも、ザック・セイバーJr選手が阻止してそのままヨーロピアン・クラッチ、鈴木軍が勝利!

4番手チームはタグチジャパン(田口隆祐組)!

金丸義信選手のウイスキーがタイチ選手に誤射、ジュース・ロビンソン選手がパルプフリクション、タグチジャパンが勝利!

最後のチームはロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(SANADA組)!

SANADA選手が田口隆祐選手をドラゴンスリーパーで締めあげる、そこにBUSHI選手がエムエックスを決めて勝利!

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンがNEVER無差別級6人タッグ王座防衛!

スポンサーリンク

第3試合 IWGPジュニアタッグ王座戦

×[王者組]ロッキー・ロメロvsマット・ジャクソン
バレッタ〇 ニック・ジャクソン
シャープシューター

インディーテイカーからのシャープシューターに、ロッキー・ロメロ選手がギブアップ。

王座移動!

ヤングバックスが新IWGPジュニアタッグ王者!

第4試合 IWGPタッグ王座戦

×[王者組]レイモンド・ロウvs〇 タマ・トンガ
ゲリラ・ウォーフェア
ハンソンタンガ・ロア

タマ・トンガ選手がウォーマシンコンボスラムをガンスタンでカウンター!

さらにレイモンド・ロウ選手をレフェリーにぶつけ、タンガ・ロア選手がイスを持ち出す。

イス攻撃からゲリラ・ウォーフェア、ゲリラズ・オブ・デスティニーが勝利!

王座移動!

G.O.D.が新IWGPタッグ王者!

第5試合

× マイケル・エルガンvs〇 Cody
クロスローズ

マイケル・エルガン選手が雪崩式ぶっこ抜きファルコンアローを狙うも、Cody選手が回避、セカンドロープ上のエルガン選手を捉えてクロスローズ!

Cody選手が勝利!

第6試合 IWGPジュニアヘビー級王座戦

×[王者]高橋ヒロムvs〇 KUSHIDA
ホバーボードロック

KUSHIDA選手がリストクラッチ式ホバーボードロックを決めて、高橋ヒロム選手がギブアップ。

王座移動!

KUSHIDA選手が新IWGPジュニアヘビー級王者!

ヒロム選手はリング下からリマッチを要求。

KUSHIDA選手がウェーブをしている間にBUSHI選手が毒霧、IWGPジュニアヘビー級王座に挑戦表明!

スポンサーリンク

第7試合 NEVER無差別級王座戦(ランバージャック・デスマッチ)

〇[王者]鈴木みのる
ゴッチ式パイルドライバー
vs× 後藤洋央紀

後藤洋央紀選手がGTRを決めるも、タイチ選手がレフェリーを場外に引きずり落とす。

タイチ選手のイス攻撃から、鈴木みのる選手がドロップキック、さらにゴッチ式パイルドライバーで勝利!

鈴木みのる選手がNEVER無差別級王座防衛!

試合後、鈴木軍に痛めつけられる後藤洋央紀選手をYOSHI-HASHI選手が救出!

鈴木みのる選手が、YOSHI-HASHI選手を次期挑戦者に指名。

第8試合 IWGPインターコンチネンタル王座戦


×[王者]内藤哲也

vs
〇 棚橋弘至
テキサスクローバーホールド

内藤哲也選手は、負傷している棚橋弘至選手の右腕を徹底的に攻め、会場から大ブーイング。

棚橋弘至選手は膝に照準を定め、ドラゴンスクリューで右膝を攻める。

内藤哲也選手がデスティーノを狙うも、棚橋弘至選手が切り返してドラゴン・スープレックス。

スリング・ブレイド2連発から、コーナーで滾ってハイフライフロー!

カウント2で返されると、テキサスクローバーホールド、内藤哲也選手がギブアップ。

王座移動!

棚橋弘至選手が新IWGPインターコンチネンタル王者!

試合後、「会場のみなさーん、愛してまーす!」

メインイベント IWGPヘビー級王座戦

△[王者]オカダ・カズチカ
時間切れ
vs△ ケニー・オメガ

時間切れ引き分け!

オカダ・カズチカ選手がIWGPヘビー級王座防衛!

オカダ・カズチカ選手、「新日本プロレスに、いや、プロレス界、いや、世界に、金の雨が降るぞー!」

バックステージ、Cody選手が 7月1日、2日の G1 SPECIAL in USA でIWGPヘビー級王座に挑戦表明!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「新日本プロレス 試合結果 2017.6.11 ドミニオン 大阪城ホール」への2件のフィードバック

  1. 今、試合を見終わりました…。
    どの試合も大変面白かったのですが、個人的には結果がほとんど残念なものになりました。
    特にメインは東京ドームよりは少し落ちますが両者ともに素晴らしい戦いを魅せてくれました。ただ本当に結末というか、結果が……。引き分けはある程度予想してましたがアメリカ大会の挑戦者がケニーではなくコーディー……。本当に残念でならない。
    ケニー・オメガという選手の価値。それを踏みにじられたかのようなこの結果……。外道には本当に辞めてもらいたいと思ってしまいました……許せない。タイガーWも何か動きがあると思いましたがそれもなく……。

    最後に……ヤングバックスおめでとう\(^-^)/

    1. 私もアメリカ大会はCody選手ではなく、せめてケニー・オメガ選手の再挑戦が見たいと思いました。
      上半期の締めくくりとして大会前から様々な面で期待が高かっただけに、結果だけを見ると…かもしれませんね。

      シャープシューターでの決着も絵になるタッグでしてたね! Too sweet!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA