飯伏幸太がリバースカミゴェ!新日本プロレス・試合結果・2021.1.5・レッスルキングダム15・東京ドーム二日目・PART2

新日本プロレス・2021年1月5日・レッスルキングダム15( WRESTLE KINGDOM 15 )・東京ドーム大会・二日目の試合結果、動画まとめ・PART2!

関連:2021.1.4&5・レッスルキングダム15の全対戦カードが決定!【新日本プロレス・2021年1月】

1月5日・レッスルキングダム15の試合結果・PART1はコチラ!

第4試合 / SANADA vs EVIL

〇 SANADA
ラウンディング
ボディプレス

vs

× EVIL

試合途中、ディック東郷選手が乱入してパイプ椅子攻撃。

リング上は1対2になり、EVIL選手&ディック東郷選手がマジックキラー!

ディック東郷選手のダイビングセントーンは未遂に終わる。

SANADA選手が背中へのラウンディングボディプレスを決めるが、正調ラウンディングボディプレスはEVIL選手が両膝を立てて迎撃。

今度はディック東郷選手がエプロンからチョーク攻撃を決めるが、SANADA選手が脱出して、EVIL選手と激突させてテーブルクラッシュ!

SANADA選手が掟破りのEVILからポップアップTKO、そしてラウンディングボディプレスで勝利!

セミファイナル / IWGPジュニアヘビー級王座戦

×[王者]
石森太二
vs〇 高橋ヒロム
タイムボム2

劣勢が続いた高橋ヒロム選手が金具剥き出しのコーナーへのデスバレーボムからタイムボムを決めるがカウント2!

最後は高橋ヒロム選手が旋回式ビクトリーロイヤルからタイムボム2で勝利、IWGPジュニアヘビー級王座獲得!

メインイベント / IWGPヘビー級&インターコンチネンタルダブル王座戦

〇[王者]
飯伏幸太
カミゴェ

vs
× ジェイ・
ホワイト

ジェイ・ホワイト選手が権利証を奪った逆さ押さえ込みを決めるが、間一髪でレフェリーが気付く。

興奮した飯伏幸太選手がレフェリーを突き飛ばすと、ジェイ・ホワイト選手が急所攻撃。

飯伏幸太選手がカミゴェを狙うと、ジェイ・ホワイト選手がカウンターのSSS!

ジェイ・ホワイト選手がブレードランナーを狙うと、飯伏幸太選手がバックスライドからカミゴェ!

すると飯伏幸太選手がフェニックススプラッシュを決めるが、外道選手がレフェリーを場外に引きずり落として阻止。

しかし、飯伏幸太選手がカミゴェで外道選手を排除。

ジェイ・ホワイト選手がブレードランナーを決めるが、飯伏幸太選手はカウント2で返す。

今度はジェイ・ホワイト選手がITO(イブシタップアウト、裏足4の字)で追い詰めるが、飯伏幸太選手はなんとかロープブレイク。

ジェイ・ホワイト選手がリバースブラディサンデーからブレードランナーを狙うが、飯伏幸太選手がVトリガーで反撃。

飯伏幸太選手が背後から後頭部へのリバースカミゴェ!

最後は飯伏幸太選手が生膝での正調カミゴェで勝利、IWGPヘビー&IC王座防衛!

試合後にSANADA選手が登場、プロレス界の希望となるSANADAからの挑戦表明というギフト、受け取ってくれますか?と2冠王座に挑戦表明。

飯伏幸太選手はボクもSANADAさんともっともっと試合がしたい。よろしくと言って握手して受諾!

そして最後は飯伏幸太選手が逃げない、負けない、諦めない、そして絶対裏切らない。そして本当の神になったー!で締める。

1月6日・ニューイヤーダッシュ2021の試合結果はコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA