内藤哲也、勝っても負けてもインターコンチネンタルと決別宣言

新日本プロレスのIWGPインターコンチネンタル王者・内藤哲也選手が、2017.6 11 大阪城ホール大会の防衛戦を最後にインターコンチネンタルのベルトとの決別を宣言!

スポンサーリンク

以下、東スポWebより。

“”「俺が勝ったらICは封印。今の新日本はみんなを何かしらの王者にしたいのか、ベルトが多すぎる。お客様が分かりにくいでしょ。ICと同じ理念のUS王座ができてしまったらさらに混乱しちゃうからね」””

さらに…

“”「もし封印が認められないなら返上するまで。発表された以上はタイトルマッチをやりますが、いずれにせよ大阪城をIC王者として最後の試合にしますよ」””

もしかしたら内藤選手カラーにベルトを新調するのではと思っていましたが、どうやら王座封印の意志は固いようです。

対する挑戦者の棚橋弘至選手。

食べたいけど届かん! #ファァァー ( ;∀;)!

棚橋弘至さん(@hiroshi_tanahashi)がシェアした投稿 –

メディアの仕事をこなしながらリハビリに努める日々。

棚橋選手にとって、上半期を締めくくるビッグマッチでもある大阪城ホール大会の前哨戦は、6.9 後楽園ホール大会の1試合のみ。

内藤選手の主張に対して、棚橋選手はリング上で、リング外で、どのような回答を出すのか、楽しみにしています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA