ジェフ・コブがNEVER王者・鷹木に挑戦表明「エンパイアにひとつ足りないものは宝」【新日本プロレス・2020.12.6】

新日本プロレス・2020年12月6日・BOSJ27&WTL2020・リーグ最終戦・福岡国際センター大会のバックステージコメントまとめ!

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.12.6・BOSJ27&WTL2020・リーグ最終戦・福岡・PART2【オープニングVTR】

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

ジェフ・コブ

昨夜の福岡大会でワールドタッグリーグ2020のリーグ最終戦が終了。

フィンジュース&GODが優勝決定戦進出を決めた一方で、シングル王座戦線にも大きな動きがありました。

今大会からジ・エンパイアに新メンバーとして加入したジェフ・コブ選手が、NEVER無差別級王者・鷹木信悟選手からピンフォールを奪って王座挑戦をアピール。

コブ「THE EMPIREにひとつ足りないものがあるとすれば、ゴールド、宝だ。シンゴ、好きに逃げ回ればいいが、俺から隠れられるなんて思うなよ。それからもうひとつ、THE EMPIREに欠けてるものは……ペットだ。ペットのドラゴンなんてどうだ。あのドラゴンとのお遊びが終わった後、俺のハチェット(手斧)で真っ二つにしてやる

次期挑戦者候補の本命は棚橋弘至選手と思われましたが、まず行動を起こしたのはジェフ・コブ選手でした。

WTL2020&BOSJ27優勝決定戦(12月11日)、もしくはレッスルキングダム15(2021年1月4日&5日)でのタイトルマッチが濃厚。

果たしてジェフ・コブ選手は2度目のNEVER無差別級王座戴冠を成し遂げることはできるのか。

それとも鷹木信悟選手が防衛してNEVER戦線に棚橋弘至選手を引きずりだすのか、今後のNEVER戦線から目が離せない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA