5月27日は内藤哲也の特別な日

新日本プロレスの内藤哲也選手にとって5月27日は特別な日なのでご紹介。

スポンサーリンク

本日5月27日は、内藤哲也選手にとって2つの意味で特別な日。

1つ目は、デビュー記念日

2006年5月27日、草加市スポーツ健康都市記念体育館大会で新日本プロレスのプロレスラーとしてデビュー。

正式に新日本プロレスの一員となった5月27日は、内藤選手にとって決して忘れることのない特別な日。

2つ目は、ロス・インゴベルナブレス加入記念日

2015年5月のアメリカ・カナダ遠征後、新日本プロレスには合流せず、約1ヶ月のメキシコ遠征へ出発。

現地時間5月27日、ラ・ソンブラ選手から渡されたロス・インゴベルナブレスのTシャツに袖を通し、ロス・インゴベルナブレス加入。

2015年のアメリカ遠征で当時海外遠征中だった渡辺高章選手と再会、メキシコ遠征では同じく海外遠征中だったタケノウチこと高橋広夢選手とも再会。

もし2015年5月27日に何も起きていなかったら、今の内藤選手どころか、今の新日本プロレスはないと言っても過言ではないと、私は思います。

もしかすると内藤選手は未だに本隊でブーイングされていたかもしれない…

渡辺高章選手はプレミアムな男だったかもしれない…

BUSHI選手はIWGPジュニアヘビー級王座を戴冠していないかもしれない…

真田聖也選手はインパクト・レスリングにいたかもしれない…

カマイタチ選手はカマイタチのままだったかもしれない…

そうはならなかったのも、すべてはこの5月27日という日に、内藤哲也選手がプロレスラーになり、ロス・インゴベルナブレスに加入したからこそ。

5月27日はまさにデスティーノ、運命の日であるということ。

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを応援するファンの皆様、内藤選手にとって特別な今日という日をお祝いしましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA