ジェイ・ホワイトとEVILの心理戦「俺はゲドーの言葉を信じる」【新日本プロレス・2020.10.13】

新日本プロレス・2020年10月13日・G1クライマックス30・十五日目・Aブロック8戦目・浜松アリーナ大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.10.13・G1クライマックス30・十五日目・Aブロック8戦目・浜松【オープニングVTR】

ジェイ・ホワイト

G1期間中に突入勃発したジェイ・ホワイト選手とEVIL選手によるバレットクラブ内部抗争

まずはEVIL選手はBC同門対決での高橋裕二郎選手の裏切りを示唆すると、高橋裕二郎選手は試合途中にジェイ・ホワイト選手に反旗を翻しました。

さらにEVIL選手は、先日のバックステージで外道選手の裏切りも示唆しました。

この発言を受けたジェイ・ホワイト選手は昨夜、高橋裕二郎選手と和解したことを明かし、改めて外道選手への信頼を表明しました。

それからユージロー。俺に3カウントを取らせてくれるはずだったのに、話が違った。金的攻撃まで仕掛けてきた。でも俺たちBULLET CLUBは、大丈夫だ。俺とユージローの関係にヒビなんて入らない。ゲドーも何も知らなかったと誓ってくれたし、EVILが仕組んだことでもないみたいだ。俺はゲドーの言葉を信じるし、あの後、ユージローから直接謝罪があった。俺の態度が不快に感じたらしい。リスペクトがなかったと。だから攻撃に出たらしい。でも俺は、その行動に出たユージローが立派だと思うし、ここできちんと謝らせてくれ。ユージローをバカにしたつもりは一切なかった。どうせまたファンはユージローがEVILと手を組むとか、好き放題言ってるんだろ?あり得ないことだ。俺とユージローには強い絆があるんだ。そして最後に……EVIL!お前のコメントを見たが、俺をもてあそんでる気でいるのか?その勇気は買うが、お前の思いのままに俺を操れると思ったら大間違いだぞ。マインドゲームは俺の得意分野だ。それに俺にはゲドーのバックアップがある。お前がやろうとしてることはムダでしかない。だから、やめた方がいい。EVILよ、黙って俺に従って一緒に呼吸していろ……。

どうやらジェイ・ホワイト選手と高橋裕二郎選手はお互いに謝罪して、完全に和解した模様。

しかし、EVIL選手に対しては俺を操れると思ったら大間違いだと心理戦を展開。

EVIL選手に何を言われようとも、マネージャーとして2年以上行動を共にしてきた外道選手への信頼は揺るがないようです。

果たして外道選手はどちらをバックアップするのか、ジェイ・ホワイト選手とEVIL選手によるBC内部抗争の今後の展開から目が離せない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA